くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

企業 ビジネス

愛知の引力。技で愛知を牽引する、世界のトップメーカー

前回愛知県の広報パンフの4、5ぺージ「技」を紹介するページの最初を飾る、水素燃料自動車MIRAIを発売するトヨタ自動車の話題です。 昨年からセンセーショナルな話題がてんこ盛りな同社ですが、地元企業なので今更書くのもなんですが、かつては超のつ…

MRJ、ああMRJ……MRJ。春一番と共に

先日暖かいと思っていたら、東海・北陸地方で、もう春一番吹いちゃいましたね、今日からまた寒の戻りが在りますが、こうしていよいよ春が近づいてきますね。 MRJの話題は、そのままスルーすればできてしまう航空機ネタの一つでしかないのすが、一旦足を突…

中部空港島に国際展示場ができる訳と、20XX年問題

予定通り、昨日新東名高速、豊田東JCT~浜松いなさJCT間の開通しましたが、東名高速の渋滞緩和に貢献してくれると期待しています。 さて、MRJなどの航空機やロケットエンジン製造などを柱とした、愛知県の航空・宇宙産業を中部の自動車産業と共に成長…

UR賃貸の近居家族への提案は一極集中抑止のヒントにも

東京都への政治経済・企業の一極集中は留まるどころか、今後も続く傾向にありますが、同時に圧倒的な利便性が生じたために、若い世代の人口集中も加速しています。 万が一関東湾岸で災害が発生した場合の国家機能の停止については、かなり前から問題視されて…

コンピューターがプロミング?AIと人が共存する未来への準備

ちょっと今回は地域の話題ではないですが、今とっても話題なAIコンピュータの話題で、前から気になっていたことを書きたいと思います。 いまニュースでも問題に上がっている、ブラック企業と言われる企業種の中に、システムエンジニアが多いと言われるのをよ…

中・小型ジェット機、日本航空機メーカー両輪への期待

日本初の国産ジェット旅客機のMRJ、愛知県西春日井郡豊山町の名古屋空港で初飛行を成功させて、現在はアメリカでの安全基準評価取得のため、様々な飛行実証準備を進めていますが、その一方で日本メーカー製のジェット機が販売好調のようです。 ホンダは、今…

次はさしみ魚、またまたWBSでもニュースになる、氷温熟成食材

昨日、東テレのビジネスニュース番組を見ていましたら、またまた熟成肉の話題がながれてました。海外の国が輸出している様々な肉との差別化を図っている、日本の肉ビジネスは国内外での評判はどうなんでしょうか。 海外の肉は、牛肉から始まって低価格で高品…

アメリカ軍事予算を削減で牙を剥く経済大国の本気度。日本に吉か凶か?

私達日本にとって親日国アメリカ合衆国は、さまざまな恩恵こそ受ける国であったわけですが、近年リーマンショックなどデフレ要因から完全復活を遂げた勢いのアメリカは、国の威信をかけた攻勢を仕掛け始めています。 特にビッグスリーと呼ばれた自動車御三家…

豊かな地方創り、住民・行政・金融機関の協調を問うスタート

政府与党では、特定の大臣叩きに野党が余念がないようでも、その間にも粛々と地方創生の施策は施行されているようで、今回は政府・金融機関が予算面でサポートする施策と、今年一年の始まりに私達はどうかかわっていけばいいのでしょう。 まずは民間金融機関…

地域産業の前向きなリスクの取り方、野菜農産物

日本の地域を、より健全に発展させるには、偏った産業だけに頼って成長しても、長い目で見て中途半端と言わざるを得ません。今回は今もっとも成長が危ぶまれる地域農業のこれからを考えます。 長い間、日本国内では高度成長によって、二次・三次産業と中心と…

グロ-バル化の課題、隣国と日本アイドルの話題

アイドルは、どの国でも癒される夢を与えるものでなければならないですが、前回の日本国内でのアイドルのサバイバルに続いて今回は、国が変わるとアイドルが関わる課題がここまで変わるという話題です。 国内におけるアイドルの生命線は下記の記事にもあるよ…

黒船襲来の自動運転、日本が優秀でも売らないと意味がない

昨日の交通被害の記事を載せましたが、今日は少し前向きで期待を込めて、自動車そのモノの動きはどこまで進歩しているのでしょうか。 先日ニュースで大々的に報じられた話題は、米テスラ・モータース社の既存電気自動車を、ソフトウエアアップデートによって…

日本の商いの原点を見直す動き、新ビジネスモデルの模索

今は、丸紅などの大手商社が世界を舞台に貿易を行う事で、様々な商品が私たちに提供されているのですが、国内での流通は一般的に卸が行うのはご存知だと思いますが、昨今の埋もれた逸品を取次するビジネスが、町おこしに一役買っています。 日本の小売りは卸…

シャレにならない今年の暖冬、私をスキーに連れてっては、連れてけない?

昨年末の話題から入って恐縮ですが、クリスマス商戦でアマゾンプライムは定番品を積極的にプッシュすると同時に、在庫管理を徹底してメーカーと密に、在庫切れの無いよう体制を敷いてクリスマスに挑んだそうですが、残念ながらホワイトクリスマスにならずに…

企業と大学が知財活用する時代、雇用者の知財活用も見直しを

今国内の人口減少に伴う人材不足の深刻さを埋める努力が、官民合わせて勧められていますが、企業と公立大学の知的資産を生かす共同開発から、個人の眠れる才能を生かした起業まで、知的財産での二毛作に注目してみます。 企業と大学との知的財産共有や、活用…

貴重な外国人労働人材、日本はどう受け入れると良いのでしょうか?

筆者の通うコメダコーヒーにも最近、外国人労働者の若い男性が頑張っていますが、言葉と文化の壁は大きな障壁になっているようです。今回はこのような身近な現場からの人材不足の課題を見ていきます。 日本への海外からの就労希望者に対して、特に東南アジア…

海外進出企業の明暗から学びとる未来とチャンス

海外進出する日本企業は、もっとも近くもっとも巨大な市場の中国から撤退するところが、増えているようですが、ひとえに人件費の高騰が主な理由だそうです。 次に有望とされた東南アジアも近く高騰が予想されており、既にその先を見据える時期にもなっている…

偏らない男女共存雇用のお仕事・仕組み改善の年

日本国内企業の職場は、男性が中心に賄ってきた長い経緯があったため、戦後間もなく男女雇用均等法が成立して以来も、何度も雇用均等のチャンスを逃してきた経緯があります。 働きやすい職種とは?(前編)狙い目はハードそうな営業 イメージと現実のギャッ…

世界で一般化する多国籍共存の時代を迎える今年の日本

2016年という年は、私達日本にとって幾つかの乗り越えるべき課題が、形になる年でもありますが、その一つに人口・人材減少にともなう海外人材の受け入れです。 2015年以前より、問題提起や話し合いはさまざまされてきたものの、問題の自覚程度にとど…

さあ初仕事、モチベアップに夢ある宇宙開発の話をしよう

昨年十年ぶりに、スペースオペラの筆頭「スターウォーズ」の最新作がディズニー配給で公開され、大きな話題になりました。そこで今回のテーマ宇宙開発の今後について、正月からマジ書きしたいと思います。 昨年はISS(国際宇宙ステーション)に日本宇宙飛行…

今年は種まき、来年は成長見込める年に出来るか林業

日本は樹木が豊富にあって、林業が昔から発達していた話は以前に記事りましたが、植樹祭などのいくつか話題をしょうかしているものの、日本全国地方創生とはいいながら、地方山間部の主産業である林業は他の産業に比べて盛り上がりません。 それでも、いくら…

あえて今年はおやじたちへ、さらば愛すべきおやじたちの送別会

今年も少なからずの親しまれた人々が、現役を退かれ新しい人生を歩まれていますが、やはりどの世界にも世代交代は必用で、そうして新しい才能も育っていきます。 女性は有名なところでは女子サッカーの草の根的存在、澤穂希さんなどが来年以降はきっと女子サ…

名古屋市科学館に緑のサンタが大活躍 今年も開催の映像の祭典

今年は暖冬の中でホワイトクリスマスには残念ながらならないみたいですね、休みを取って雪山へスキーにでもいかないと、市街地ではせめて雨にならないよう祈るばかりです。 さてさて、クリスマスの期間に先日名古屋の白川公園で開催されたイベントの報告です…

ファストフードと家電量販店、庶民にも気になる成熟企業の明と暗

ファストフードの今年の話題では、マクドナルドのチキン肉の偽装問題であれだけ浸透していただけに、その反響も大きくイッキに窮地に追い込まれ、トップ交代となりました。 同社はトップを入れ替え早急な対策を講じましたが、信用失墜はま逃れず店舗数も激減…

来年の景気・経済どうなりますやら、神頼み? 自分信じてもう一頑張り?

今年の景気が良かったのか、どのように感じられましたでしょうか、あまりまわりの変化に関わらずマイペースで過ごされた方、もしくはそれなりに昨年に比べればお金を使われた方さまざまかも知れません。 正直筆者も動向を見ていても、変則的な中国爆買いの洗…

今年は未来テクノロジーの話題が豊富、来年も楽しみな最新技術たち

今年から、2020年を当面の目標として近未来の準備が具体的に動き出した年でもあったように思いますし、来年以降からどのような私達将来を便利にしてくれる技術や、サービスが準備されるのでしょうか。 何度もこのブログでも紹介した「MRJ」や「自動運転…

ようやく見えてきた地域振興、政策・世情は空回り?それとも?

普段自動車を乗ってらっしゃる方は、その恩恵にあずかっていると思いますが、最近はガソリンの価格が安いですが、直ぐに戻るかと思いきや未だ続くようですが、それを単に喜べるのかどうかは、人によって様々ですね。 筆者が自動車運転するようになって何十年…

地方創生ムーブメント渦中にある航空・自動車産業と観光産業の連携

愛知・岐阜・三重の東海3県は、地方創生のムーブメントに乗じて航空・自動車と歴史観光の地域産業を核にまとまろうとしています。独自の技術を武器に特化した産業と人の動きを活発にさせる観光は地域の雇用増加を図るのには効果的なものです。 前回、名古屋…

シリーズ④名古屋城天守木造復元への道、タウンミーティング12月から

シリーズで追っています、名古屋城の天守木造復元について、前回集会(タウンミーティング)が実施されていると記事りましたが、実施済みの区でかなりツッコんだ討議がされているようです。 タウンミーティングは、既に熱田区を皮切りに、北区、港区から開催…

MRJを旗印に先行投資の優位性を探る、未来に向けて産官学で人材育成急ぐ

今年、日本製航空機の話題はMRJによって大きな話題になりましたがある意味、筆者のブログにたくさんの話題をくれ嬉しい限りで、実際に初飛行を偶然とは言えこの目で見れたことは良い思い出にもなりましたので、今回は関連航空産業のまとめです。 未だMRJ関連…

知られざるご当地ブランドをサポートする仕掛人達、伝統産業生き残りの妙手

前座は、昨日に続いてGPファイナル女子フリーのチョイコメントです。 宮原初出場にしてフリー140点台で暫定1位を最後の一人まで堅持。ジャンプを多用したためか2つのジャンプ不発がたたって、120点台にとどまった浅田とは対照的に残念な結果。両名…

地域の人材育成、青田買いの限界と同産業の連携で生き残り

地域の産業は、それぞれ特徴があって、農業・林業・漁業・工業・商業などの中で、特徴が出るものですが、日本が本来得意としていた自然と関わって、自然と共生する産業、今回は林業について触れます。 山で人工林を木を育てて、産業とする林業の歴史は日本で…

観光立国・人口減少対策に欠かせない外国人への期待

地方創生に関わる様々な課題について、ここのところ少しづつ踏み込んで記事にしていますが、今回は海外からの入国者の増加が見込まれている現状に触れてみたいと思います。 地方創生の観光立国を目指す政府が海外旅行者の増加を見込んだ統計を発表しています…

名古屋の玄関口「メイエキ」ならば東口も西口も利用しやすい駅に

昨日の広報しようと話題にしましたが、毎月初に発行される名古屋の広報紙である、「広報なごや」12月号がようやく届居たので目を通していたのですが中面にどーんと載っていた「議会の活動」に 目を惹かれました。 その記事については、また近いうちに触れ…

イモトアヤコさんと地方創生が求める人材に共通項はある?

昨日、飛騨地方に来年夏に初お目見えにあたって、スターバックス号が来て、スタバのコーヒーイベントで、1000人集まり盛り上がるというニュースを見ました。 今年5月にも、鳥取スタバ初出店で話題にもなったのですが「わが街にスタバがやって来た」って…

TPP政策大綱決定② TPP提携がもたらす伝統産業へのチャンス

25日政府は、TPP政策大綱を決定したことで、いよいよTPP合意での国内企業のメリットが、少しづつ具体的に明らかになってきました。 陶磁器王国日本を支えるのは有田焼、美濃焼、波佐見焼の産地!PR TIMES 11月26日〜都道府県別人口10万人当たりのTOP3は佐…

TPP政策大綱を決定① 合意で地方は変わり、地域ブランドで活路を生み出すカギは?

政府は、海外展開成功率を上げる目標を掲げ、新輸出大国を打ち出して、そのメリットを今まで大企業だけだった範囲を、中小企業へも広げる動きを始めました。 このテーマについて今回と次回2回に分けて記事りたいと思います。 今回取り上げる農業分野では、…

鉄道にいま期待する地域サービス・観光の課題と可能性

京急に見る羽田空港を核にした細やかなサービスを、WBSで拝見しましたが、京急電鉄は、関東圏の鉄道会社ではありますが、以前からお客様目線のサービスをしている会社として注目しています。 http://kuromaryu.hatenablog.jp/entry/2015/06/09/172908 海外か…

豊田章男氏、魅せるミラクル経営はトヨタを原点に戻せたか?

ここ半年を見ますと自動車の販売台数からして、リーマン・ショックより低迷した景気によって、これまで売れていた軽自動車に変わって、普通車の売れ行きが回復する動きを見せています。 こうした面からも、少しづつでも景気対策の効果が浸透しているのかも知…

地域おこし協力隊、地域活性化に奮うバイタリティ

今回は「町おこし協力隊」と地方創生についてです。 総務省がスターターになって、地方創生の一環で始まってぶ当ブログ執筆時点で、既に44箇所の自治体が募集を終了、今でも8箇所で募集するという、筆者が創造していた以上の活況ぶりです。 紹介記事は、…

名古屋モーターショー最終日に。21世紀の自動車ってどうなるんだろう

「第19回名古屋モーターショー」が、11月20日(金)~23日(月・祝)ポートメッセなごやにて開催中で、今日が最終日です。 自動車ショーの記事は、今年の春のパフォーマンスショー以来なので半年ぶりになりますね。 このブログも自動車ショー同様に…

観光客2000万人、見えてきても気を緩められない理由

安倍政権が立てていました観光戦略で、来日数が過去最高となるのを見込んでいると発表があったそうです。 本年度ベースで1月から10月の訪日客が既に1600万人超えており、例年ペースで行けば2000万人超えも間もなくとの判断で、増加数は前年の同月…

この秋考えたい、地域の街おこしの難しさと面白さ

今日は、今政府主導で盛り上がりつつある「地方創生」「街おこし」の進め方について、記事りたいと思います。 この東海地方での街おこしを見るに最近でも、10月に小牧市の図書館民営化白紙撤回や、11月には名古屋市緑区の自然豊かな大高緑地公園で、恐竜…

人手不足の妙案、転職サバイバルに光?

来年大学新卒者のリクルーティングもまだまだ大変な時期だそうですが、一旦就職できても一つの会社で更にキャリアを積むのが、困難な時代になっていではあります。 雇用される側にとっても、一頃流行りの「終身雇用」もこれからは主流でなくなるかも知れませ…

杭データ改ざん愛知県に矛先が、根元はもっと根深い問題では?

神奈川県のマンションから始まった地耐杭の施工不備に伴うデータに改ざんが、施工会社が最も関わった愛知県の建築物にまで及んでいるのに衝撃を感じます。 話題の波及は、海外まで及ぶとの記事も散見されますが、海外の見方は住居としての見方よりも、資産と…

MRJいよいよ今週吉日初フライト見逃すな- 厳しい中での希望・展望

いよいよ日本の戦後航空機史上の悲願だった”純国産ジェット旅客機”が、日本の空を飛び立つ日程が確定したようですので、前夜祭的に少し煽らせていただきたいと記事ります。 この「MRJ」初フライト日程は、今年5月から幾度となく延期されてきたものですし…

新「大名古屋ビルヂング」地上175m駅前のシンボルに、高なったがね!

世界に数々ある鉄道駅の乗降者数ランキングという統計がありますが、その中で東京や大阪など大都市の主要駅に次いで名古屋市の玄関口である名古屋駅は7位となっているらしいです。 新「大名古屋ビルヂング」完成 駅前のシンボルが地上175メートルの新ビルに…

イチローとトヨタブースがサプライズ演出!両者勝負の年に賭ける想い:東モ2015

イチロー×トヨタという図式は、愛知県に住んでいる人なら何ら違和感が無いんだけれども、筆者自動車は好きな方なので先のブログでも、44回東京モーターショーについて書いていたんですけど、どうも一般的に自動車業界的には、イチローが日産では無くてトヨ…

市民のための図書館へ。民間委託企業との図書館戦争、勃発?

ツタヤとの関係解消へ - 図書館流通センター共同通信ニュース 各地の公共図書館で指定管理者として業務を請け負っている民間企業、図書館流通センター(TRC)の谷一文子会長は26日、レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビ…

UBERやLyftなど話題の新サービスと、地方創生の多様性

アメリカ・イギリス都市部で今や、タクシーよりも人気が高いと言われる新しいサービス「UBER」や「Lyft」は、窮困するタクシー業界の人材不足の救世主になり得るのではないかと注目されているようです。 現在、日本政府は人口減少に負けない景気復興…