くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

子供を社会で育て保護する共通意識

大規模都市を皮切りに、幼児保育無償化や義務教育学費免除実現への声が高まる中で、最近では大阪や名古屋でより具体的な動きが見られるようになった今、保育をされる親御さんは基より、それ以外の立場の大人へもその機運を引き継ぐように、市民を中心にした活動が増えています。

今回は、社会による子ども環境のあり方を少し掘り下げます。

 

web.smartnews.com

来月の「幼保無償化」を前に 保育士・保護者の集会 (関西テレビ)

 

正直筆者が子どもだったころも、今でも子どもに関わるリスクはさほど変わっていないと思いますが、変わったとすれば社会の子どもに対する味方が変わったとは言えるでしょう。

少なくとも筆者の記憶の範囲では、昔は放任主義で子どもは親からよりも自然に社会の中から多くを学んでいたように思いますが、今は社会が子どもリスクを避けるようになったことで、子どもの居場所が不当に制限され、親御さんの保護義務が強調されてしまいましたね。

 

本来日本では、子供は国の宝と言われ、社会が子を育むものだった良き慣習を西洋式常識に阻害され、日本人は、長い間感覚的阻害を負いながら西洋式に順応した結果、本来の感覚とのズレが今顕著に出ているように思います。

例えば毎朝の挨拶で、子どもとすれ違って挨拶できない関係などがそうですが、基本的コミュニケーションが社会的に重要だと知っていながら、犯罪と結びつけるマニュアルに従ってしまうなど。

 

従来、外来者にも親和的で需要性が高い国民性を持っているのに、身内である日本人同士には厳しくなっている常識は、不幸以外の何者でもないと思うのです。

ゆとり教育が提唱された頃からだったような気がしますが、教科書の情報量が減らされ、道徳よりゆとりが優先されたり、義務教育に当たる小中学校での国歌斉唱を拒む教員が出てきたり、祝祭日の国旗掲揚が問題視されていました。

 

数十年前まで当たり前だった些細な習慣が、隣国の感情を過剰に忖度しすぎて、日本の持つ当たり前にさえ配慮するようになった教育関連者の本意が何だったのかは、ここでは語りませんが、日本人同士の不協和音を生んでしまった気がします。

大人が、そのような状態で日本の子どもが真っ当な日本人に育つかどうか、日本が積み上げてきた誇りと自信全てを、いっときの戦争の功罪を理由に否定していいものかどうか、私たちはよくよく考えて判断すべきです。

 

大人の混乱は、何も言わずとも子供に以心伝心してしまいますから、子どもを育てる以前に大人が日本人のアイデンティティを、しっかり持って行動する方が大事なのかもしれません。

日本人は、他国の人に比べ自他を忖度しやすい傾向がありますが、忖度によって自信を失いがちであり、そればかりではそもそも個の存在自体が意味を為さなくなりますし、国民としての主体性を異常に主張しすぎる隣国への反感もあるでしょうが、それ故に今見失いがちな日本流の主体性を忘れてはいけないと思っています。

 

 

 

 

アートの解釈とアートの効果の復興へ

 今年開催された、あいちトリエンナーレの展示品による国内外の騒動は、SNSだけでなくTVメディアも巻き込んで、真剣に論争をする者からお祭り騒ぎやエンタメ感覚で乗っかる者までいて、筆者はどちらも丁寧に観察し、意見論争にも参加しました。

その中で、もっとも目に余ったのが国内の愛知県外の、しかもこのイベントを見てもいないのに、騒ぎに乗じて人権だの自己の主義思想だのをさも当然の権利かのようにまくし立てる人が多かったことです。

 

筆者は、この騒ぎで愛知県民か直接見に来られた人など、直接実害のない人からの行きすぎた意見に憤り、実際に自分の目で確かめるという行動が、こういうときこそどれほど大事なことかを学びました。

広義で言えば、自由の表現について法的にも人道的にも守られるべきという考えを誰もが主張する権利はあるでしょうが、この一部の主催側の失態で直接難儀を被るのは愛知県民であり名古屋市民な訳です。

 

その中主催側に愛知県知事や運営に関わっていた地元議員や運営関係者が、この騒動を想定できずもしくはせずに、通してしまったのは大きな問題でしたが、その段階であるべき検閲がされなかったまたはさせなかったとも取られる県側の行為がどのようなプロセスで実行されたかは県民の重い課題となりました。

 

 表現の自由というテーマは、今ある国内の諸問題の多くで日本人が感情を抑えることで、表面化しにくく問題を深刻にさせてしまう事にもつながり、アートイベントに限らず法以前に解決しなければいけない課題です。

表現という言い方はとても広義で使い回しやすいものですが、表現する際の前提には、発信側の立場の表明と、表現の根拠を明かすことが必要です。

 

引用記事文中にもある通り、自由には相応の責任や義務がセットになっていると考えられますが、自分の考えを自分で決めずに依存したり、前もって決めたことへの責任を取りたくないために曖昧にする、無責任さが事を大きくている事実に気づかなければなりません。

そして、貯まるストレスによる精神の侵食に危機感を持たないほうが、むしろ深刻だと自覚できる冷静さを持てるかどうかで問題の収縮がされていくかが決まるのですから、危機感を持ったなら何らかの行動を起こし解決に向かうか、別の角度で見方を変える習慣は大事です。

 

そのほか、ジェネレーションギャップが慣習や常識の壁を作っているかどうかは、行動してわかることで、若年層など経験が少ないほど、先に推測だけで安易な判断をしてしまいがちなので、若年層は経験値の不足を、それ以外の人は経験値故の偏りに注意することになります。

また、海外経験によって世界観が変わる幸運なケースもありますが、客観度を自己分析できる保証はない中で、抽象化したアートがもたらす功罪を提供者は熟慮しなければならないわけですが、今回のトリエンナーレはそれに欠けていたのは残念でなりません。

 

このイベントの支持者による再開への運動が始まろうとしています。筆者は愛知県のアート活動は昔から評価していましたので、この動きは歓迎していますが、このリトライがどのような反響を呼ぶか否かはわかりません。

失敗を恐れず、むしろ失敗をチャンスくらいに思って試行錯誤する行動を、今のところは「本来のアート表現の追求」への行動として見守りたいと思います。

  

www.huffingtonpost.jp

「あいちトリエンナーレは表現の自由の分岐点」。日本人作家を中心に新プロジェクトが始動 | ハフポスト

  

日本も隣国も、ピンチがチャンス

いきなりですが、台湾の話から入ります、 

蔡英文総統は中国からの防衛に対応しながら、台湾の知名度を向上すべく日本と同様の観光強化とインバウンド招致にも力を入れていることは、なかなか日本では知られることはないですが、私たちにも参考になります。

台湾は、地理的にアジア圏の中心に近く、距離的な優位性とバランスの良さを活かして、今ブームが起きている日本だけでなく、韓国や中国そして東南アジアからの観光客と、いい塩梅で訪台する数を増やしているようです。

 

mjapan.cna.com.tw

蔡総統「文化は観光客誘致の重要な資産」/台湾 | 政治 | 中央社フォーカス台湾 MOBILE

 

何度もこのブログで台湾に触れ出して半年ほど経ちますが、観光先として近いだけでなく歴史的にも交流でも、ブームだった韓国と相当のつながりがある国なのはご存知の通りです。 

例えば、戦時中に台湾現地の人々に讃えられた「飛虎将軍」の伝承をご存知でしょうか、一階の日本人であった飛行機の兵隊さんの戦死が、祀られ今でも現地の人々に尊敬を集めている例ですが、韓国にしたことと同様な行為が台湾では文字通りポジティブに受け継がれ、親日台湾たる所以になっていることからも、台湾旅行はとても心地良いもでしょう。

 

aoisystems.jp

飛虎将軍廟

 

 さて、こうした隣国の努力は日本においてはどう解釈したら良いのでしょうか、今まで懇意にしていた韓国や中国との軋轢が深まる中で、欧米人を除くインバウンドの期待は台湾やそれ以南の東南アジア諸国やインドに向けられるのは自然な流れです。

冒頭の記事はその国の総統……と言うとエラく堅物っぽいですが、女性の方で思慮深く発言力のある才女ですが、日本人3人が台湾に移って成功した台湾youtuberの三原ジャパンとコラボしたり、ご自身も積極的にSNSや動画で情報発信するフレンドリーな政治家です。

 

政治的に窮地に立たされる台湾を挙げたのは、観光の施策面で日本にとって参考になるからで、きな臭い中でも自国の良さを淡々とアピールする積極性と賢さは、今の地方の観光のあり方を考えるのに、そのポジティブさは支えになるかもしれません。

以下のように今でも地域のまちおこしは盛んに行われていますが、そもそも政府の景気政策と観光行政が連携しにくくなっている現在、市民の生活維持と地域の観光まちおこしを同時進行するための要は、国際連携に目を向け国内外全体に市場規模を広げなくてはままならなくなっています。

 

名古屋でもその他の地域でも、自慢の観光リソースの見直しとリニューアルをする行動に出てはいますが、先立つ物不足や中央の認可がおりないなどの課題を同様に抱えていて、思うようにインバウンド対策の目玉を作りにくいようです。

私たちは、一般には国内観光者として地方に貢献することができますが、加えて近隣国との国際間の交流を地域単位で深めることで、在住地の地域貢献に参加できるかもしれませんので、うまくいかない時ほどできることから、自身の行動の中で、できることからまちおこしに参加する意識は無くしたくないものです。

 

その意味でも海外旅行をし合うことでお互いに見合う有益な交流ができる国や、地域との相性を市民単位で体感し見極めることは、結果的に地域活性化に活かせる良い機会になり、間接的ではあってもゆくゆくはまちづくりへの知恵につながります。

これから日本は冬へと向かい寒くなっていくますが、温暖な東南アジアへの観光は理に叶いますし、是非海外で観光される時には生活事情とか街の利便性とか色々比較しながら、 住む地域の課題を外から見比べる体験も加えると、旅がより深く感じられるのではないでしょうか。

 

www.47news.jp

名古屋・三の丸再整備の構想披露産学研究会、歴史遺産と絡め刷新

www.chunichi.co.jp

名古屋城中心に町歩きを 市、マップで2ルート提案:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)

japan.cna.com.tw

台湾のランタン、青森ねぶた祭に初参加 見物客に観光PR | 社会 | 中央社フォーカス台湾

銀行が単に金庫になる日は、人よりシステムが優先される日

 中央の大手銀行やネットバンクが仮想通過や同機能を応用した金融システムを開発していることは、ここ数年のニュースで話題にされ、収益化が先すぼみする地銀との提携が進んでいますが、目的は人件費の大幅カット・人とのトラブルの大幅削減だと言われ、企業にとって最大の利点でもあります。

郵便局など拠点を保有するゆうちょ銀行は、郵便・金融機能だけでなく交流や安否確認の機能もあったと思いますが、他の民間銀行もふくめ名目上提携ながら実質上の統廃合が止まらなくなっていて、この流れが私達の生活にとっての機能が奪われようとしています。

 

jcc.jp

SBIが地銀支援・島根銀と資本提携 BSテレ東【日経プラス10】|JCCテレビすべて

 

アメリカから入り込む商業などのシステム合理化の波は、日本の文化慣習の多くを変化させてきましたが、お金にしても現金の利便性を失くしてきていて、現金流通度の高い大阪などでは、もはや電子決済の対応が極めて困難な商店から、諦めムードさえ出ています。

大阪に限らず、中央と経済連携度の薄い地域でも、唐突な電子決済の導入か完全な拒否かの選択に戸惑い、一方政府の観光客への思惑は地方のそれとの乖離も大きく、東京オリンピックに合わせたい思惑とのズレが出るなど、観光客の流れに偏りや影響が出しているようです。

 

国内の生活でも現金の流通は、電子決済化において政府や経団連の思惑が必ずしも順調でなく、数年は紙幣硬貨によるお金の動きは無くなることはないでしょうが、外資流入を積極化や消費増税で国内での現金の消費が冷え込ませる先には、現金を減らしより電子マネーのメリットが強調されて行くことは決まっています。

私たちの保有するお金は、電子化されることで数字としか見ることができなくなるわけですが、ボトルやブタ貯金箱を愛する一部の貯金好きの人には、リアルなお金の重みを楽しむ機会は減ってしまうのは残念かもしれません。

 

MMTなどのお金の仕組みへの関心が高まったことで、今まで曖昧だったお金の意味については、一方前進しながらもまだまだ本質への理解には、抵抗感を感じられる方が多いように思います。

銀行の役割は、金利で資産を増やせなくなった今、私たちにとってはセキュリティが保証された貯金箱として機能することになったり、電子マネーや給与のプール先でしか無くなるでしょう。

 

ある人にとっては、コミュニケーションを取る貴重な施設になっていましたが、こうした日本らしい慣習も減って行くかもしれず、高齢層を中心に若年層にとっても金融に触れたり人との交流で学ぶ場でもあり、単なるお金以上の意味をもっていました。

お金の仕組みを合理化するメリットは、お金に依存したい人々には大きいでしょうが、可能な限りお金に依存したくない人からすれば、学びやふれあいを求める人も多かったと思います。

 

お金の流通の合理化で、対面サービスや対面販売が減り、対人交流の分断が強まっている社会になって、その傾向を歓迎する個人化志向の消費者以外の人々は、無人サービスに振り回されわかりにくさに時間浪費させられるシーンも増えてます。

今、あらゆる店舗が自動化・無人化され支払いがキャッシュレス化されるように進んでいますが、人らしい暮らしと環境を忙しさや孤独で失いがちな今、社会と接点を持つ場としての役割は消え失せ、金融機関でもATMと変わらない無人の貯金箱になるのは、一見便利に見えますが、人に寄り添ったシステムとは言い難いものも増えているのも事実ですね。

 

年に一度の収穫祭という日本人の知恵。

 世界には意外に稀有な偶然の一つに、日本には四季があって日本人の情緒形成に大きく影響を与えたと聞いたことがありますが、確かに腑に落ちる思いをされる方は少なくないでしょう。

 これが事実だとすれば、この恩恵は日本人の生活リズムにも大きな影響を与えたでしょうし、古来から住む日本人はその日々の繰り返しや季節の変化をうまく利用した、仕事のサイクルを作ったとも解釈できるでしょう。

 

主体を採集・農耕民とされるの日本人が、年に一度の実りの収穫をモチベーションにして、一年で起こる様々なリスクを乗り越える知恵を構築してきたことで、本来今でさえそのリズムはわたしたちの向上心を支える柱となっていたはずです。

ところが現在それが崩壊している、明治維新以降大きく西洋の歴史に沿うことで、日本の主産業が自然由来の農耕から商工業へと極端に変えられた歴史事実、それはすなわち日本人の文化や慣習の終焉だけでなく、日本人が進化するリズムや士気の大幅な低下をももたらしていないか?という実感が起きたのです。

 

単に、時代の変化に従順に行動する性格は、日本人の良いところと同時に、それを利用して社会的入植を図られる災難を過去何度も経験してきましたが、変えるべきと訴える者たちよりひ引き継ぐべきと行動する者たちが主導すれば、良し悪しの如何にかかわらず、多数決で決まってしまう災難を考え直す必要があるかもしれません。

変わるべきは変わるべきかもれなませんが、不用意に変えてしまうと重要な精神や、それによってリズムさえ崩し、最後には体への大きな変化につながっていくという事例なのでしょう。

 

ある時から日本人の精神的な方向性が混乱させられ、大きく変えられたように見えますが、これは進化の歩調と同じくらいの遠大な感化でしょうし、更に方向性の変化がネットワークの時代に入ってそのスピードは明らかに早くなっていて、私たちはそれに適度に順応できないまま、一生を終えてしまう人も出ているわけです。

 

そうならないためにも、日本人だけが理解できる「良き日本」をより具体的に考え、心に落とし込んでおく必要が、これからの時代には大切なことになるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

問題を越えた問題をはかる行動を、求められる時代

香港で巻き起こる人権を勝ち取る上での行動による主張は、香港政府の改定保留によって幕引きを見る動きになっていますが、見る人によってはむしろ踊り場的な油断を誘う陽動だと見る向きもあり、デモ代表の特定化と代替法案可決の時間稼ぎの可能性もあるようです。

香港でのデモや台湾の防衛強化、そして日本から見て中国を越えた新疆ウイグル自治区での弾圧は、すべてアメリカから経済制裁を受けている中国政府による政策実行が起因しているものです。

 

加えて、韓国との軋轢にしても、韓国の先に居る北朝鮮・中国やロシアというバックボーンの政策との連携が起因していると言われ、先日安倍総理ウラジオストクでの日露会談を実行しました。

日本がアジア圏で先んじて経済成長に成功しその後、その恩恵によって差し伸べた手によって成長した中国や韓国の経済後追い・逆転の流れを起こしたのが、今私たちにとって成功なのか問われています。

 

これらの難問は、お隣だからと言って韓国だけに集中していられないという話です。

情報の過多や錯乱は、普段の仕事や生活をこなす以外に新たな問題に加わっていますが、この解決に皆さんはどされていますかまたは、わたしたちはどう対処すれば良いのでしょうか。

 

www.afpbb.com

ウイグル、中国政府の弾圧強化で逮捕者激増 17年統計 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

 

 こうした周辺国の変化の中で、メディアによってはヘイト煽りや、便乗記事が横行し、今更こうした問題に関心を持とうとしても、むしろ難しくなってその混乱に巻き込まれかねないことや、その関心を無くしてしまいかねない状況まで出ているといいます。

娯楽目的のゴシップ記事でも真剣な時事記事でも共通するのは、メディア側の専門性を誤認または意図的に曖昧にいている発信者が格段に増えたということです。

 

この対処には、例えば一つの事件を継続的に追っていないと気づかないものですし、娯楽や暇つぶしでみていい記事と、そうでない記事を区別できているかはとても大事なことでしょう。

ただ、もう何十年も前から後者の記事でさえ前者的な意図で発信されており、わたしたちの判断を混乱させている以上、炎上やヘイト化を避けられないのかもしれません。

 

特に引用記事のような切実な記事は、最近センセーショナルなものが連続したり重なっていて、それぞれ優先順位やポイント絞り込みによっては情報難民になりかねませんが、個々の発信量の差が必ず重要でない点を見失ってはならないと思います。

最近よく聞く「情報操作」というとく用語が一般的に出回っている背景は、情報の質だけでなくその偏り、経緯、発信元さえも受け手側が評価しなければならず、また発信量の地域的なコントロールも含め、専門家は受信者側に押し付けています。

 

 国内では国営のメディアでさえ情報の資質に疑問が投げられるような時代で、今までのようなただ受け入れるだけでは、情報の質は保証されなくなった時代となって、むしろ個人発信情報が信用するきっかけになりやすくさえあります。

わたしたち受信者の対抗策として、自身の判断を過信せず可能な限りの情報比較が質を向上させ、加えて国際記事はネットワークが便利になったとしても、地政学的な距離感や位置関係が優先順位を変えるだけでなく、本質の重要度も変えていくことを忘れhはならないでしょう。

 

 例えば上の引用記事で言えば、同じ中国政策事案でも韓国の問題は日本にとっては身近ですが緊急では無く、中国を超えた新疆ウイグル地区の搾取の方が深刻な課題を孕んでいることがおわかりでしょうか。

もちろん立場によって変わることはありますが、一般例としては後者には国単位の人の命の扱われ方を問う問題を大きく取るべき問題で、今の日本にとっては緊急性は無いにしても、中国政策の真意を知ってそう遠くない私達の未来を左右しかねないものとわかります。

 

 また、5日に実施された日露首脳会談も今更に恒例化したものですが、通常案件の北方領土問題やインフラ経済交渉と同時に、中ロ連携や軍事行動に関する探りの狙いも緊急性が高いと見られます。

このように、情報の信憑性や重要性の判断がすでに受信者側のリスクになる時代では、海外への関心や必要性のあるなしに関係なく国内外の記事をバランス良く集めて、自分を常に中立の立場に保つ工夫を忘れないようにしたいものです。

税金を使った展示公開が不自由と表現される確かな理由

 何度もブログで書いていることの反復になりますが、今回のような表現であったり、SNS炎上などで問題化する主張の「自由」を未だ大きく誤った、もしくは偏った解釈をされている人が多いようです。

以下の識者の方も危うい表現を文面に散りばめられているようですが、このような小難しい書き方をする場合、多くがはっきり主張きない真意を、ただただ遠回しに表現しているのでしょう。

 

president.jp

税金を使った美術展は「不自由」でも仕方ないか 「展示の意義」はしっかり説明すべき | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

これだけ自由の意味を都合によって価値観の多様性とは言えいじりまくる向きが耐えないのは、ある意味その保証されるべき多様性の会社の拡大化にほかなりませんが、自由に関して言えることはハッキリしていて、自由=責任という等式は変えられないという事実です。

同時に多様性は拡張の広義も持ちますが、それより優先すべきは個人が他者に持つ許容量でなくてはならないはずですが、上の記事意見などはその許容量を一定の志向に誘導するために注ぐべきだと論じているように見えます。

 

加えて許容とは個人的裁量にはなりますが、あくまで個人の包容力を高めるための便宜上の処方箋でしかないはずなのに、個人的なメリットでは、

「あったほうが気が楽」でしかなくて「権利のように要求する」ものではありませんので、多様性の使いみちはこの点でも誤解されているようです。

 

世の中が共産主義のような単一思想への方向に集中させて生産性を保つ社会とは違って、私達が過ごす自由を掲げられる個人資本を基に循環する社会では、自由と責任で責任がぼかされることが往々にして見られますが、その分表面上共産主義自由社会に存在できるような誤解を生む温床になっていますが、現実はその自由は認められないものです。

情報化社会になって以来、世界は狭くなって来たことも起因して、せまい社会の共産主義者が自由世界にあぶれだすのは成り行き上防げないのですが、その現実はあっても自由社会の範疇で活動する共産主義者の自由は、彼らが主張する程は、自由ではない現実似、いらだち様々な問題を起こして混乱と略奪を正当化したり、入植による混在化で既成事実化を進めているのかもしれません。

 

いずれにしても、私達は同じ国土の中に他の国で作られた考えを支持する外国人や日本人を抱え、自由に活動を認めてしまっている以上は、この自由には本来の解釈に準じて義務を課すべき時期として遅きに逸しているのは間違いありません。

 

日本が本来持つ誇りと、優れた特性に意見しややもすれば消極化さえいとわない活動や思想には当然のように義務を加えなければ、ますます今後彼らの自由をより拡大解釈させ、危うき妄想の手助けをする悲劇にも繋がりかねない今、私達の自由に対する責任はますます重くなることでしょう。