くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

東京人工集中から分散への発想

 人口減少による集中化と、東京オリンピック招致の勢いもあって、東京への情報や人の集中化をことさら推し進める、政府の安易な方針はさまざまな問題を含んでいます。

ここのところ連続する地震による、都市部の防災対策は限界を迎えるなかでも、集中化の動きは止まらず、地方自治体や企業は経済的ハンディを負って海外マーケットを開拓せざるを得ない状況は続いています。

 

観光地の改善としては、日本の玄関口である東京は整備や改善は避けて通れないのは、事実であり否定できるもものではありませんが、その結果東京集中化のメリットばかりをことさら強調し、国家予算の集中化を招いていて、地方のことは地方で解決せよというロジックが予算配分の歪みを招いているのではないでしょうか。

 

所詮狭い日本において、東京にウエイトをおくのは短絡的で、人工減少時代だけに柔軟性・多様化が求められる時代に逆行しているようにも見えます。

かつて実現されようとしていた司法と行政は地方分散化も頓挫、経済特区があくまで実験であり東京集中化への布石に過ぎないし、災害時のリスク分散の観点から全く考慮されていない点で、ただでさえ機能縮小が予想される時代において、地方差別とも取られかねない現状は、みすててはいけません。

 

単に観光や集客としてだけでなく、道の駅を核にした、地方都市の利便性を向上や福利厚生の再編成にも利用できる工夫に役立つ。

予算の無い過疎化する市町村や自治体でも、公共施設の建て替えや解体の問題を抱えているものの、どの自治体にも必ずある役場や病院、鉄道駅の施設を可能な限り活かして、リノベーションすると同時にインフラの一元化と生活機能の集約化を、同期に進めるようなまちづくりによって、資源の分散を防ぎぎ目減りする住民の利便性を担保していく工夫も可能。

 

今、道の駅が注目されているなかで、道の駅のような集客のハブになりポイントをもっと多角的に利用するのは、とてもためになる話です。

ちなみに道の駅は愛知県には1135もあるそうですが、その他の都道府県でも増加していると聞きますが、競争が激化すると心配されながらも、それぞれの特徴が高評価となって、それなりに集客数を増やす道の駅が増えているのは好感が持てます。

またこうした道の駅をハブとした、地域に住まう人たちにもメリット・機能を与えることで、単に収益追求だけの施設ではなく、住民と観光客の接点として機能する道の駅も出現しています。

こうした気機能性や多様性を今後さらに進化させることは、とても有意義なことであり、たとえば地域に必ず存在する鉄道インフラとの協業も視野にいれられるでしょう。

本来からの自動車での呼び込みに加えて、新しい道の駅は沿線に作り自動車利用から公共利用への合理化も測れるでしょうし、観光地開発は、道の駅とセットで自転車道路、遊歩道を強化、健康志向への提案などと展開していけば、道の駅から総合市町村のハブとしての機能を併せ持ちことも可能です。

 

自動車過多から自動車中心の社会をベースに道の駅が発展した事実はあるものの、人口減少にともない自動車利用の低下も視野に入れ、公共機関への新しいアプローチを国を挙げてすすめても良い頃でしょう。

以前記事にもしたか思いますが、日本ん国内での自動車メーカーは世界の比較からしても多すぎだと感じています。いままではそれで良かったと思いますが、国内のシェア争いも限界を感じる中で、前向きな協業としての合併を進めるなど、また大手トヨタも多角経営化を進めるなど、利益の主軸を自動車から移方向に動いています。

 

愛知県は戦後期時代の歴史資産が多く有名なこともあって、歴史資産を観光に活かす活動を積極的に行なっていますが、他の地域でもこうした動きが活発になっているのはより小橋いはなしで、そのために地域の特色を都道県単位で協議・集約化して、ふるさを残し日本の古い知恵を見直すまちづくりを積極的にすすめてほしいと思います。

 

trafficnews.jp

カーシェアは都会だけのもの? 地方ならではの活用法、観光資源の発掘も | 乗りものニュース

 

自治体によって、やるべきことは様々であり多岐に及ぶのでますます人材の確保が難しくなる中でも、極力外部委託はすべきでないと思っています。

むしろこの課題を買い置けつする過程での課題は、地元人材の結束力につながりますし、地元自治体単位でじっくり取り組むことに価値があり、問題意識の顕在化ができて、地元愛につながるのではないでしょうか。

筆者は、歴史が大好きなのでたとえさせていただくと、日本は本来多様な民族性を持った人々が、世界の縮図のように生業を立ててきましたので、昔から中央政権にたいしてもさまざまな敵対行為や、協力しあってきた歴史を持っています。

 

その意味では、もっと今の現状に憤りををもって、地方同士の協業を発展させてきても良いのだと思っています。

その結果では、中央も無視できない大きな力として認められる変化を生み出す可能性を秘めている訳です。

 

地域によっては力関係は確かに存在しますが、中央である東京都が大勢を変えないのであれば、それに合わせた地方の動きを持って、知らしめすのが地方のやり方とも言えるでしょう。

 

 

未来を生きることへの、こだわりと覚悟

日本では人生100年時代といわれるようになって、高齢化社会を前向きに捉えようとするメディアの動きを見る一方で、私たちは長生きする楽しみと同時に未だかつてない課題も持つようになります。

その最たるものとして今回の記事を基に書いていきたいと思います。

 

記事で紹介している科学者は、100歳を超え大往生された方のようですが、かれが選んだ人生の終わり方は、私たちに多くのことを考えさせてくれます。

人生の歩み方として子孫を作って継いで行く選択と、一生独身で人生のうちに花を咲かせる選択、またそのどちらをとるにしろより自分らしい人生を送ることに、100年という時間は有り余る人が多いと思いますが、そのひとつの人生の終わらせ方として、この科学者が選んだ道はある意味では科学者らしい画期的な選択なのかもしれません。

 

www.cnn.co.jp

CNN.co.jp : 104歳科学者、安楽死の願いかなえる 「喜びの歌」聴きながら

 

実際には100年人生などというフレーズは、多くの人の現実としてリアリティは少ないかもしれませんが、人により誤差はあるにしろ、その膨大な時間を楽しむモチベーションを持ち続けること自体が、負担に感じる人も少なくは無いのではないでしょうか。

例にもれず、筆者に取ってもある意味では楽しみではありますが、現実的にかかるコストと手間は大きな課題であり、健康にも気をつかったり時間を有効に使おうと工夫したりと、手放しで自由奔放というわけにもいかずに、模索を続ける日々ではありますが、人生がその人にとってどう充実しているかどうかは、人が判断するのではなくて、自分が責任を持つことあり、自分でけじめをつける勇気が必要な大事な人生イベントだということです。

 

ある人は華々しく自分に相応しい人生として、就活にあれこれ時間と手間をかけているし、またある人はそのきもそぞろに、今この瞬間で生きることに集中していたり、生きる意味を含めて千差万別なだけに、その人生の終わらせ方のスタンダードはありません。

とても月並みな結論になるかもしれませんが、自分に対しても家族に対しても、人生の終わらせ方には自分から積極的に終わらせる勇気と潔さがあれば、それは評価されるでしょう。

 

記事の老科学者が選んだ人生の終わらせ方が、良かったのかどうかを評価するのは、その本来の目的にとってはなんの意味も持ちません。

自分の人生は必然的に終わらせられた人は多分に幸運なのかもしれませんが、最後を選択できずに亡くなった方は不幸だという見方は、生き残った人の考えであり必ずしも不幸だと決めつけるのも、その判断をした人の人生に大きな影響を与えてしまうだけに、偶然が生む人生の最後がいつ来ても良いように、覚悟を持って生きたいと考える次第です。

 

今介護者不足と負担が大きな問題になっていますが、筆者の経験からしてもいかに家族の人生の終わらせ方について、迷われている人が多いことと思います。

大家族が当たり前だった今までのように、後継ぎが期待できない時代中それぞれの我が人生の終わらせ方は、多様化し複雑になっていて前例のない悩ましい課題に、それぞれが自分の人生を大局的に見つめる機会として、さまざまな考え方を共有し認める寛容さと覚悟が試されています。 

 

ライフスタイルの多様化と史跡・観光施設のユニバーサル化

パラリンピックの注目とともに、より見直される動きが大きくなる公共施設のユニバーサルデザイン導入の流れは、ここ数年ニュースで良く目にするようになりましたが、名古屋城木造復元でも、名古屋市内で導入への賛否が活発になっています。

福祉団体やそれに携わる市民からは、5月の方針決定に向けて河村市長が一度エレベーター導入無しの見解を出した後、導入への嘆願集会などエレベーター設置派の動きがありましたが、改めて河村市長は導入無しの見解を出しました。

城の木造復元には、史跡価値の維持と観光ひの利便性のジレンマがどうしても伴いますので、その落とし所をどこにするかは今後も、国内さまざまな史跡で悩ましき課題になることでしょう。

その先陣を切ったようなタイミングで、この「エレベーター」問題は始まっていて、名古屋市は、明確な答えが出しにくくても期限の迫る課題にどう結論をだしたのでしょうか。

 

www.huffingtonpost.jp

名古屋城の新天守閣、エレベーター無し方針に障害者団体が抗議 「一緒に上がりたい」

 

名古屋市のある愛知県周辺は、質実剛健だったことで知られる徳川家康のお膝元でもあり、その気質が引き継がれているのか、実利的で堅実なものの見方をする傾向がある土地柄なので、なおさらのことこのジレンマはとても悩ましい問題になっていると感じます。

本来観光のような娯楽に他県とくらべ無頓着なところもあって、しかしながら名古屋城には並々ならぬ思い入れもある、最近こそ他県からの移住者も増えており、その傾向は薄まっている気配はあるとは言え、ご当地意識はそれなりにありますので、出来る限りベストな落としどころを求めたいところですが、さて。

 

こうした実例をあげて、これからますます盛り上がるであろう歴史遺産の注目度に対して、少なからず国内どの地域においても同じ悩みを抱えていくのは、自明の理でありリアリティをとても感じています。

この課題は個々の案件ごとに答えを出すことは、無理からぬものであって国内の同様の課題を抱える、都道府県同士の連携が重要な鍵を握っているのではないかと思いますが、実際のところその連携までも至っていないのが現実です。

 

 日本は小国とは言え、世界の縮図と比喩しても過言でないほど歴史的に「クニ」意識が多様で、それぞれの特色を切磋琢磨し、モチベーションにして発展してきた経緯を持っており、他県同士の十分な協業の障壁になっているとも取れます。

競い合う意識は、進化にはとても大事な要素なのは違いないのですが、その一方で「チーム・ジャパン」でまとまるという起用さも、今後グローバル社会への船出にはとても大事なスキルとして求められるだけに、まだまだこの点で不器用な私たちは、競争と協業という二刀流の技を、これから磨いていかなければなりません。

 

さて名古屋の話に戻すとして、名古屋市は地方都市としては、戦後古くから国際交流を積極的に進めてきた土地柄でもありますので、その個性をより鮮明にアピールできるこの観光ムーブメントに対しての答えの行方を、筆者は前向きに見守りたいと思います。

ちなみに、先日歴史好きの知人との史跡巡りをしてきた筆者は、その話題でも意見交換しましたが、設計図など証拠の残る部分は階段も含め、可能な限りリアルに再現すし、利用者限定の条件で昇降機コーナーを“城内”に設けるのがベスト、との個人意見を申し上げておきますが、名古屋市と中央官庁はどれだけ柔軟な判断を下ろしてくれるでしょうか。

 

一見レトロでも、新しい観光目線を育てる

私たち日本のインフラである鉄道インフラ、その主要区間である東京ー大阪間での利用者数は順調ですが、今後増えるインバウンド観光客の足を、地方にも広げていくには積極的な新しい視点が求められています。

東京オリンピックには、リニア東海道線完成は間に合いませんが、好調な東海道新幹線が、十分機能しない可能性も含めてその他の公共路線の充実は、機会損失を避けるためにも国が主導しながら地方自治体への整備強化は必要です。

 

その動きを期待しているわけでもないでしょうが、すでに自治体単位で地方のインフラ整備のさまざまな工夫が進んでいるようで、今回紹介する記事は注目する試みだと注目してみました。

ボンネットバスという一見レトロな乗り物を取り上げていますが、地方での人の足を動かすのに、公共機関特にバスの進化は目を見張るものがあって、ノンステップバスから始まり、小型化で細かい路線への柔軟な対応、更に高速バス事業で頭角を表すウィラーが繰り出す、高速バス移動の安全性や快適度の向上努力などの、バス車両の多様化やローカライズは、今後の地域活性に貢献して来そうです。

 

toyokeizai.net

市販車を「ボンネットバス」化する匠のスゴ技 | ローカル線・公共交通 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

 こうした地方には好ましい変化を背景に、バス需要は見直されるべきで、その多様性は新しい観光ニーズの発掘のきっかけとして、自治体にとって刺激になることを願ってやみません。

それに対して国の動きとして、地方の特色を打ち出す動きが積極的になってきている一方、首都観光化の投資は相変わらずで、地方観光への流動を後押ししているとは言い難い状態でとても残に思います。

 

中央と地方の競争によって刺激になる経済発展は望ましいとは言えるものの、その前に自助努力で活性化できる東京に対し、予算・人材面でバランスを欠いているちほうとのバランスを、国は調整していく必要はあるのではないかと考えます。

せっかく地方自治体・企業の観光経済の向上を果たそうとする機運が盛り上がっている中で、東京一極集中化がもたらすネガティブ要因が、日本全体でみて芳しくない流れにならないように、国は地方有権者の意見を積極的に汲み取り、反映させる活動をしっかり進めてほしいものです。 

移動インフラの「コスパ競争」地域活性の貢献度は?

昨年あたりから、移動インフラのコスパ競争が盛り上がっていて、2020年国内景気活性化の足がかりになっていますが、実際私たち国内の需要にはどの程度期待が持てるかを、これから暖かくなって景気上向きを期待する意味で、今回は考えてみたいと思います。

そのコスパ競争の主だったインフラというのは「旅客機」と「新幹線」の比較を指すのですが、大雑把に理解しておきたいのはそのコスパ分岐点は、移動時間が3、4時間以上か以下かで選択が変わってくるようです。

 

また、行き先については最も多いのがビジネスでは東京ー大阪間で、次いで東京ー福岡間が多いと予想できますし、観光面ではインバウンド需要も加味すれば東京ー大阪間は同様、東京ー札幌間も加えて良いのではないかと思います。

ビジネス・観光そのどちらも需要の高いテッパン路線に当たる東京ー大阪間は、今後も基軸になる区間ですし、この区間ではさらに高速バスも競争に加わることも考慮して、コスパを考えるには大事な要素になってきます。

 

そこで、まず地方からの視点で東京・大阪からの移動人員を各々の地方へと向けるにはどのような視点が必要かを主に考える必要がありますが、そのためにはまずそれぞれの起点からどの程度離れているかが、それぞれの地域活性化の課題解決のキモになってくるでしょう。

例えば、筆者の住む東海地方では中心となる愛知をはじめ、岐阜・三重、静岡西部が対象になってきて、そのハブに当たる名古屋駅の利便性向上が今急ピッチで進んでいるように、いかに中途半端な位置に立つこの地域に、人の足を止められるかが課題になっている状況です。

 

その中心となる名古屋市では、今当に街の魅力向上に盛り上がっていて、先行すべきビジネス面ではすでに名駅周辺の開発が完了しているし、続く商業・観光面でも名古屋城周辺の魅力度アップ、名駅に続いて栄に続く地域の商業施設のリニューアル計画がいよいよ始まるなど、この地域らしく堅実に進んでいて、今後も不動産価値の向上も期待できそうです。

今後はこの開発に乗っかって、岐阜・三重が人の流れを引き込む観光的な魅力度を向上させる変化が期待され、その結果如何ではある意味その他地域でも、開発モデルとして活かせるだろうと考えています。

 

それに加え今後注目されるのは、東京以北と大阪以西のインフラ需要の伸びで、ビジネス面では中国アジアへのハブとして博多の需要が増大、観光面では主にインバウンドによる東北や北海道への関心が高まるなど、それぞれの地域で課題の絞り込み次第で、人の流れをどのように変えていくかの方向性は、各々特化されていくと考えられます。

それにしても、必ずしも東京ー大阪間のノウハウがそのまま応用できる訳でないにしても、今後も主要路線は日本人にも外国人にも注目されるのは変わらないでしょうから、人の流れに変化を期待する人々にとって、課題を整理していく重要な基礎としては、そのコスパ競争の行方は今後も注目されていくでしょう。

速度を落として気づく、見逃していた住まう街の良さ

筆者の好きな街は今住んでいる名古屋市はもちろんですが、海外では親日でも定評のある「台湾」の台北市がオシで、今回は街の良さを知るヒントについての記事を書きますね。

好きな街の理由はいくつかありますが、温暖で人もポジティブで活気があり、日本の環境に近いことが主なところで、共感いただける方は多いと思いますし、マニアックな理由では、古い建物を上手に活かしたおしゃれな建物や、アジア独特の裏路地の雑多感が好みなのや、自転車やバイクで移動できるインフラが整っていることがあげられます。

 

筆者は自転車に乗って名古屋市内を移動するのは大好きで、最寄りの公共機関が微妙に遠いのもあって、自転車は生活で良きパートナーになってます。

さてそんな筆者が今回注目したまちづくりトピックは、下の記事でした。

toyokeizai.net

池上線「大崎広小路」がおしゃれになったワケ | 駅・再開発 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

 

今、国内の交通インフラは主に自動車・トラックなどで、公共インフラの発展特に地方のローカルインフラの消滅の話題が目立っていますが、その主な原因は人工減少による大量運搬の機会が減ったことなのはご存知の通りです。

しかし、人は減るにしても住んでいる人は点在していて、それなりの規模で経済活性化は必要なわけで、その矛盾が顕著に観光業で大きな課題にもなっていて、来る2020年前後に期待される観光客需要をどうさばくかが、いよいよ現実味を帯びている時期ですね。

 

地域観光活性化と人材不足・インフラ枯渇の矛盾をクリアするのは、なかなかハードルの高い課題ですが、そのヒントや効果はそろそろあちこちで出てきていて、注意深くニュースを探していると、結構なヒントが散見されるようになりました。

今回筆者が注目したポイントは、先にもあげた大好きな街の取り組みに共通する、移動手段の話で、かつての観光モデルではバスや鉄道での大量移動によるマス観光ツアーが不可欠であったのに対し、これからは少人数(個人)観光客目線の商業まちづくりと、自転車などのエコインフラ整備に合わせた、コンパクトな見せ場づくりの成功が、トレンドだということです。

 

人工減少によって、核家族化・おひとりさまが当たり前になったことで、より細分化された好みやニーズが出てきていて、一見大変そうでもそれらはある程度グループ化できることが、最近の事象実験からも見えているために、そのグループ化や絞り込みに合わせたサービスを提供するのは、個人志向の強い外人観光客の増加からもハッキリしています。

そのためには、ネットを活用した観光客の意識を捉える活動は不可欠ですが、意外にその準備は進んでいないようで、地域の高齢化もあって若者によるその手の人材スキルが徐々に増えていても、地域側のアピールが足らないのも相まって、機会損失広がっているように見えます。

 

 今世の中がITインフラとその活用に課題を持っていて、その有効活用ができておらず、機会損失が発生しているだけなので、今後その問題を解決するキーマンになるコーディネーターが増えて、活躍されることが期待されます。

そのためには、若者と高齢者それぞれが今までの価値意識を見直し、安易な安定志向や都市集中への旧態依然のアナログな発想からの脱却は、大きな転換点となるでしょう。

 

その課題解決に内側から意識を変えていくことは、返せば外からのチャンスを引き寄せる、とても大きな可能性を秘めており、そのためにも個人ごとに自分のライフサイクルを何度も組み直す柔軟性は、とても大切なスキルです。

そのスキルづくりのきっかけのひとつとして、健康管理も兼ねてジョギング散歩、自転車での市内や郊外へのクルージングはオススメで、 車や電車での移動で見落としガチな、身の回りに共存している街の可能性や良いところ悪いところが、移動スピードを落とすことで、シッカリ見えて来るから不思議で、まだ実施されていないみなさんにもオススメです。

キャラクターとストーリーのタッグ「忍者」ブランド化●

 忍者キャラクターは海外観光者にも受けがいいために、歴史的な根拠を持つ三重県伊賀市に限らず、各地で忍者キャラクターでまちおこしが盛んです。

ただ、単にゆるキャラだけでなく、忍者をどう使ってまちおこしをするかで、まだまだ新しい手法にできるという話です。

 

ninja-bear.com

インバウンド&地方創生事業のために開発された新たな忍者キャラクターに新展開 !「忍者ベアー」が2.5次元パフォーマンスにチャレンジ!:ドリームニュース - Miyanichi e-press

www.the-miyanichi.co.jp

 

mainichi.jp

観光アプリ:歴女わくわく猿飛佐助ゆかりの「ブラサスケ」 - 毎日新聞

 

 N忍者はある時から急に注目されてきて、いま外国人に目を向けさせる最もぽぴゅらーなキャラクターに成長したために、一時期目もくれなかった関東(箱根だったか?)でさえも何ら由来のない忍者観光を、始めたほど使いやすいネタ。

忍者はそもそも中部の伊賀が発祥とされている説が最もポピュラーなのだけど、今や一時期争った奈良県の「せんと君とまんと君」のような、利益がらみの論争になりかねない広がりを見せているのはびっくりします。

 

それでも忍者は日本独特の歴史と文化から生まれ、日本を代表とする「名キャラ」として海外からもリスペクトされる存在にまで昇華している限り、この先も良き日本文化のアンバサダーとして、活躍してくれるでしょう。

その前に、ウルトラマンドラえもんのように、そろそろ仕様の統一などの管理をした方がいいかもしれませんし、あえて自由な拡散を期待して、利用フリーにするのも方法かもしれません。

 

世界的に見ても、日本独自の文化はアジア全体の代表文化と取られやすく、まだまだ浅い認識がされていますので、アニメで「ナルト」や「ハットリ君」のような忍者キャラに悪いイメージがついたり誤解のある利用をされないような管理体制をハッキリさせた方が良いのではないでしょうか。

また、芸術の領域でも新進気鋭のアーティストを起用して、忍者アートのジャンルを起こすなどして、忍者ブランドの付加価値を高めたり、まだまだ知名度の弱い日本人アーティストの発掘にも、繋げていけるポテンシャルをもっていると筆者は思うので、知名度が上がってから動くとか他力的な扱いをするのでなく、日本のブランドとして育てる姿勢を期待するのです。