くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

社会保障の是々非々

消費増税の根拠として予算の社会保障枠の穴埋めというものがあるようですが、本来消費増税でその穴埋めができないことを受けたのでしょうか、その代替案となる政府が打ち出した社会保障国債について考えます。 

簡単に解釈すれば、高齢者増加の社会保障費の不足を補うのを国=日本銀行発行の特別国債で賄おうとするものですが、結局は国民か企業によって補償されるもので、国は一切の負担をしないというスタンスは変わっていません。 

 

agora-web.jp

老後の不安を解決する「社会保障国債」 – アゴラ

 

 先ほど訂正はされましたが人生100歳時代に向けての「老後の生活費」の試算で月に5万円程不足が挙げられ、年金だけでは賄えない国の生活補償の問題を初めて数字化しましたが、これはそれまでにわかっていた事実をようやく数字化したことは遅いとはいえ評価されるべきかもしれませんが、このタイミングで発表したことで問題化され、結局引っ込めることになりましたがその事実は概ね間違いないことで、対策のおくれが解決しているわけではありません。

そもそも国の緊縮財政のために、景気冷え込みを生みそれによってデフレが解消されない事実の中で、新たな限定的な国債発行だけで解決するものとはとても思えないのですが、タイミング的に選挙対策にしか見えない程の浅さが憤りさえ感じます。

 

久しぶりの安定政権の恩恵は私たちにとっても大きなものであるのは確かですが、その政府であってもデフレ対策に重要な国の弱インフレ化対策は、未曾有のリスクを感じるほど大きな問題があるのでしょうか。

国家予算が膨らんだことで国の借金が国民の負担と付け替えられているのは事実誤認なはずで、そもそもデフレの原因はそこにないはずですが、むしろ国の積極的な国家予算の数%程度の国債発行での増資が、デフレ解消への早道になるはずですが、長い間のデフレ環境に慣れすぎて、それほど大胆でもない増資に躊躇する意味がどこにあるのか理解に苦しみます。

 

いずれにしても、長いデフレを抜け出すために安定政権のメリットを十分に発揮して欲しいもので、国民への増税と併せて経済救済のための大型国債発行をできる体制をきちんと進めていただくことが、そもそもの早道だと感じました。

 

頭がかたいと自覚するかしないかの話

毎日のように「女性蔑視」「高齢者の交通事故」が報道され、三面記事のメディアには嬉しい悲鳴でしょうが、それはさておきなかなか止まないむしろ呼応するように多くの問題が出てくるのには、きっと何か大きな見落としがあるのでしょうね。

問題視する側もこの多さに気づかれするほど、何度も指摘されるのには潜在的に隠れた問題があるからで、特定の加害者をさばき批判するのがストレス発散とすり替わった面は否めません。

 

this.kiji.is

パンプス着用、社会通念で 厚労相、容認とも取れる発言 | 共同通信

 

今一般者にしても政治家にしても、高齢者を対象に問題視される判断や意思疎通が原因で起こる事故などの問題化は、高齢になる程起きやすいにしても、広く見れば誰にでも起こる事故と考えられますが、高齢者を人柱を立てフラグとすることで警鐘を鳴らしているのかもしれません。

歳をとれば誰でも徐々の自覚することではありますが、頭の柔軟性がなくなる傾向はだれにもあって、その自覚をする時期が人によって千差万別ですので、遅れた結果不幸にも事故を起こすのに繋がるのは残念ですが、多くは男性の自我の強さが邪魔することが多いようにも見えます。

 

この点は筆者の推測であり科学的に証明できていませんから「説得力」は示せませんが、多く報道される事故にしても失言にしても男性が目立つのは、男性社会ならではの悲劇なのでしょうか。

何事にも男子が重視されてきた日本の社会性は、海外の当たり前である男女平等意識を上手く理解できていないのかもしれませんが、それに上乗せして男性の優位性を誤解したまま社会を生きてきた慣習の修正ができないことが、原因になっている気がしてなりません。

 

世代ごとの教育の違いはあれど、男性が女性を引っ張ることへの現実的な弊害が出ている今に置いて、まだまだ一部の政治家には根拠のない自負心が抜け自らの価値を貶めながら、自動車運転においては自分の技術への慢心が事故を起こしやすくなっているという現実において、決して別個には考えられない問題です。

これは表面的には高齢者の問題とされていますが、この現実は老若男女関係なく降りかかる問題で、結果が同じなら誰であろうとその罪を被ることには変わりありませんので、高齢者だからといった狭い考え方は、また別の問題を作り出す引き金にもなりかねないだけに、物言うときにも自重が必要ではないでしょうか。

 

 この対策を、自民党ではマニュアルでしのぐことにしたようですが、民間ではすでに業務のトラブル対策に「マニュアルの弊害」はマストになっていて、全く効果はないと答えはでていますので、臨機応変に行動できる人材育成に答えは集約されている段階でのマニュアルで、どれ程の効果が「出ない」のか先が見えているのではないでしょうか。

加えて問題は、この遅れた行動に合わせて選挙対策のための高齢者バッシング(最も有効な30代40代有権者への忖度的扱い)のタイミングもどうかと思いますが、消費増税実施の有無も含め、タイミングを誤った施策の実効が今後経済にどのように影響するかの方が問題なのではと、心配になります。

 

国産ジェット旅客機の前途多難、その後

デビューしたもののその後長年の生産延期となっている国産初ジェット旅客機が、大幅なリニューアルされ再出発をするとほうどされました。

昨年末あたりから飛行日数を稼ぐための試験飛行を行う中で、当初のアメリカの定める規準との食い違いを埋められず、席数変更を余儀なくされたなど大幅な仕様変更があって、この際ということか、イメチェンも兼ねての再デビューとなりそうですね。

 

news.tokai-tv.com

東海テレビNEWS

 

このブログで何度か地方創生産業として取り上げてきた国産ジェット機開発の迷走は未だ先の見えない状態ですが、地域産業の目玉として始まった事業が示したのは、愛知の大量生産時代の転換期を浮き彫りにし、その先にある日本製造業の今後をも見透かす指標となっていると見えます。 

ここはあえて愛知の産業として扱いますが、出生率が比較的安定していた愛知でも少子化傾向が出てしまいましたが、生産業を主産業としている東海地方が迎える、産業転換の行方はとても気になるところです。

  

www.nikkei.com

愛知の出生数6万1230人、47年以降で最低に :日本経済新聞

 

このMRJ製造案件は、すでに未来の地域産業の話題の域を超えてしまい、地域創生ブログで書く意味を無くしてしまっているかもしれませんが、可能な限りトレースしながら課題を考えていきます。

MRJの開発は今も着々と頓挫せず進行していますが、条約改正の読み違いとそれによる仕様変更インフラ買収と、想定以上のハードルを増やしているために、目標が後送りされ続けていて、製造業としての優位性とメリットが減りつつあります。

 

forbesjapan.com

三菱重工が赤字のボンバルディア「CRJ」買収を急ぐ理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 

 少なくとも愛知県の次世代を担う製造産業としての現実味はなく、課題がようやく見通せてきたことで、現実的な課題克服の計画が進み出したといったところでしょうか。

これを進歩と呼ぶかは考え方は様々ですが、日本が航空産業から離れたブランクの大きさは、日本の優秀な技術力だけではクリアできるものではなく、むしろブランクによって変化した業界への適応能力や勘を取り戻すだけで精一杯の段階です。

 

ただ、このチャレンジによって愛知の製造業としての課題だけでなく、国内共通の製造産業のグローバル化のための課題が生かせることははっきりとしてきました。

日本の製造産業の最大の難関は、今米中貿易協議の中でアメリカが軍事面だけでなく知的財産権や製造生産インフラや、市場の優位性にまで影響力を持とうとする動きに、このMRJによる航空地場産業が晒されたことです。

 

その中で、日本独自の技術を海外流出させず、独自の優位性、日本らしさをブランドとして保てるかを問われたということでしょう。

 

 

 

 

 

愛知県知事のTwetterで「ジブリパーク」より具体的に

大村秀章愛知県知事が自身のTwitterで、昨年から広報していた「愛知ジブリパーク」のイメージ構想を具体的に公開しました。

それを受けて、提携者のスタジオジブリ鈴木敏夫氏は、生みの親であり宮崎駿氏の反応も含めた構想へのスタンスをコメントしています。 

 

twitter.com


 氏はこの施設をディズニーリゾートやUSJのような商業エンタメ施設というより「憩いの公園」でありたいとの意見を出しましたが、ジブリアニメの世界を体験してもらうには、至極当然の見解でしょうし、私たちもむしろ自然との共存を目指す施設であるべきと願いたいところです。

幸いにも地方自治体が主隊になることで、商業的な活性ががどれほど見込めるかですが、提案型の憩いの場としては理想的な条件だったのではないでしょうか。

 

mantan-web.jp

鈴木敏夫P:ジブリパークは「あくまでも公園」 宮崎駿監督も「すぐ口出す」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

 

 大村知事の公開資料を見るに、ある程度の世界観が盛り込まれるのは見て取れますが、最終的には天然の地形や自然環境を生かす前提で、人の利便性は最小限にとどめ、それによってより自然をジブリの世界観で切り取りながら楽しめる憩いの場になりそうで楽しみです。

最近の地方の娯楽設備は予算の制限もありますが、より地域の資源を生かしながら共生の意味も込めた施設づくりが主流で、このプロジェクトもその時流に叶っていて、かつ数年前に「すみ良い街日本一」にも選ばれた長久手の近くにあるように、自然環境が良く交通の利便性も元々そこそこ良い場所なので、人の生活と自然存続の共生の面では合理的な立地条件です。

 

まだまだ具体的な工事や準備はこれからではありますが、名古屋市が進める名古屋城木造化と併せて、愛知県が柱にする創生事業に成長してほしいですね。

 

 

 

3つに絞る意味ある無い? 観光と史跡3選

 

日本の史跡観光地には、よく「3大○○」という言い方がされますよね、日本でこの3にこだわる慣習はほぼ常識になっていますが、その根拠はハッキリしたものは無く、後付的な根拠が多いようですので、筆者は参考程度に解釈しています。

 

確かに名所・史跡を3つに限定する事が多いですが、こと大仏に限っては2つだと知って驚いてますが、3つ目がどこになるのか決めるべきかそうでないか、なかなか盛り上がりそうですね。

 

tripeditor.com

奈良と鎌倉、もうひとつは?「日本三大仏」がある意外な県 - TRiP EDiTOR

 

筆者は結果的に地域が盛り上がってくれれば良いので、こうした論議で人の注目度が高まってくれるのはありがたいことで、むしろ火に油を注ぎたいくらいですw。

昨今、観光で開放されている史跡群に心無い「落書きや傷」をつける者が増えた弊害はやるせないものですが、商売も絡んでいるので綺麗事だけでは解決しません。

 

世界遺産の選定時にも起きることですが、3つに絞ることで既得権益化や偏った観光化が常習化するのも考えもので、その意味で大仏さまだけは強いて絞らないのもありかもしれません。

ちょっと都市伝説的ではありますが、大仏さまは日本の苦難を見通して厄を払拭するための象徴として建立されてきましたから、その選定も大仏さまがお決めになるのがよろしいかもしれませんね。

 

夜の街を観光に生かす取り組みと課題

地方活性化の大きな橋渡しになる、国内外から訪れる観光客の対応には各自治体が大きな柱として取り組んでいることと思いますが、2008年から始めたとされる環境庁が始めた観光の指針となる施策に注目しながら、効果と課題について考えます。

特に2021年のオリンピックを間近に控える東京都は、時間帯による収益格差を埋める施策「ナイトライフイベントや地域のナイトライフ」ヘの取組への助成金支援を開始をしたようです。

 

www.mlit.go.jp

最先端観光コンテンツ インキュベーター事業 | 観光地域づくり | 政策について | 観光庁

 

既に、企画段階にしろIR「統合型リゾート」「カジノ観光」の定着を進めていますが、カジノで有名なラスベガスやマカオのイメージでも夜のネオンまばゆい歓楽街として誘致も計画されました。

こうしたカジノのイメージからも、観光には夜間の繁華街の経済効果は言うまでもなく大きな収益の柱になることから、東京は昼間だけでなく夜間帯の観光収益化をいち早く取り入れようとしているわけです。

 

 都市部の中でも名古屋市は生活環境保護の観点から、繁華街の夜間営業時間が早く、21時も過ぎると、その賑わいは一気に無くなり「お帰りモード」になりますので、治安は確保されますが、繁華街としての経済効果は大きく期待できませんでした。

一時期よりは緩和されたにしろ閉店時間が早い店が圧倒的に多いのは変わらず、実際に繁華街にとどまろうとしても、選択肢はとても限定的です。

 

その分昼間に人が集中していることになるはずですが、中心部の名駅と栄が離れていて、その間は徒歩でも十数分ですが、店舗数もまだまだ少なくて行き来がスムーズ出ないことは、繁華街としての機能不全と言えなくもありませんでた。

リニア中央新幹線開通の話が出て以来その間の、東西なら納屋橋や伏見、南北なら丸の内や金山の商業開発に火がつき出しましたので、今後魅力は増してくるでしょうが、今後は夜間の繁華街の魅力も前向きに加速していくのが課題になるでしょう。

 

もともとこの地方は、生産業での雇用で集まって来る働き手の憩いの場としての機能が大きかったのですが、人口現象化が見え出したことも見据えた時間帯ならではの楽しみ方の開発と、娯楽産業の選択肢の幅をバランスよく選べる街づくりは、住みよい地域で培ったノウハウで、楽しみ方を開発する方向へも向けることが、さらに暮らしやすさを増すのにつながると期待します。

 

新しいAI関連、というシゴトが進化を加速する

 トレード専門AIによって株価暴落も囁かれるほどに影響力を持ち出したAIという名の新しい知的生命体を開発する人材は、近未来にとって有望株の業種といっても良いほど多くの企業が渇望する才能です。

小さなお子さんをお持ちの親御さんは、我が子にこの道を選択肢にお考えの方も少なく無いのではないでしょうか。

 

web.smartnews.com

 

大学生からでは遅いのか? プログラミング教育 (論座)

 

AI関連の仕事といっても真新しい職種に、多くの人は???と実感がわかないのも仕方がないのかもしれませんが、今中国がアメリカの経済制裁を受けながらも大きく飛躍できる可能性が、AI技術による「時短」の効果によって実現されるかもしれないのですから、日本もその効果に注目せざるを得ません。

AIといっても、その人工知能に当たるプログラムの精度を高める仕事は多岐にわたり、一概には特定された職業スキルでは無いのですが、その裾野は思う以上に広くおそらく既存の多くの職種が何らなの関わりを持たざるを得ないとまで言われるほどですが、まだ新興の職種でどのスキルを学べばいいのかその筋道に定番は存在しません。

 

一般的には、プログラミングを基礎としていますが、統計学・経済学・医学などさまざまなブレーンからその開発に参画していて、すでにプログラミングは道具に過ぎず、それぞれのエキスパートが専門ノウハウをどうプログラムしていくかの世界になっているそうですから、どの業界でも専門知識とコンピュータをどう結びつけ、人とリンクさせていくかを監督できる人材が、世に言うAI人材を指している様です。

そのAI人材の多くは、かつてのIT産業の走りとなったアメリカや、今盛んに国単位で押している中国や、IT教育が進んでいるとされるインドなどに偏っている様です。

 

r.nikkei.com

AI先端人材の半数が米国に集中 日本は4%弱: 日本経済新聞

 

平成においてIT関連製品で名を挙げた日本には、その人材はほとんどなく、そもそも国内での基礎的教育でさえ後退していると言われる状態で、AI人材育成などは程遠い状態とされ危機感が募っていて、上に書いた中国・インド、韓国などから人材を呼び込むことで、なんとか繋いでいる現実はさみしいものがあります。

今後日本も、IT関連教育は小学生から簡単なゲームプログラミングが注目され出していますし、中高でも情報処理の学習が取り入れられて、ようやく動き出したというところですが、日本も中国の様に本格的にアメリカ・中国などのIT・AI技術の聖地への武者修行の時代が待っているのかもしれません。

 

筆者が期待するのは、可能性は低いとはいえ5Gインフラの国産化や、ロボットやドローンなどの新興市場への参画を内需強化によって、競争力を高めていけることです。

ノウハウを蓄積された順に、人材を国内独自の発電開発や海洋資源開発、農業・漁業のIT化で生活基盤の内需の強化、そして政府には内需拡大への有効な予算確保によって、今国内で滞るお金の流れを少しづつ大きく出来ないか、これは人口減少する近未来の日本にとって、まずはAI人材育成と活用を最優先させる意味はとてつもなく大きいものです。

 

そのためにも既存職種に持つ有能な人材と、情報処理・アプリ化できる人材との橋渡しを、政府は先頭を切って推し進めていただきたいもの。

その点で、中国が推し進める国策はむしろ学ぶべきことが多分にありますし、追い越されたのならまた追い返せば良いだけのことですから、かつて経済成長を果たした日本がそれを出来ないわけが無いと信じています。