読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろま流 × NAGOYA式 ブログ

名古屋在住者の視点から地域産業・観光を通した活躍を応援。

Chita ・ ちた ・ 知多の先どり春イベントをリサーチ 『なも研2』

なもなも研究所、略して『なも研』の第2弾 ★★(*´▽`*)/ビジュル版も判り易くお楽しみ頂けます、コチラへどうぞ ビジュアル版だけに掲載した情報もありますよ、合わせて見ていただくと、さらに理解が深まります。(非広告です) 昨年、観光街づくり大賞の金…

私がスキーに行って求めていたモノ、その魅力とは

もうすぐ春も近づいている時期に、このテーマは古いのかもしれませんが、ひとつは地域産業の思いと言う点は、共感できると考えたので紹介します。 もう何十年も前には、当たり前の冬の定番レジャーといえば「スキー」でした、もしくは「スノボ」と言い換えて…

世界の先進国で一番に日本が出会うリアルとは

それは高齢化社会です、落ち込むこともあるけれど、いずれ世界も同じ道を通らなければならない未来を、日本は一番乗りで経験することになりそうです。 (*´▽`*)/ビジュルで楽しみたい方はコチラに用意してます。 世界の先進国で一番に日本が出会うリアルと…

春を先取りする、愛知最南端の田原市でのぐっさん家

東海地方の方ならご存知の、地元TV局の東海テレビの看板番組「ぐっさん家」なる地域紹介バラエティ番組を見たら、春の魅力・田原市の魅力を紹介してました。 東海テレビ | ぐっさん家 本日の情報テーマは「春の観光」です。 もう、菜の花咲いてるんですね。…

ブログリニューアルめざす、地域応援サイトを探してみた。

筆者が地域関連記事をブログで書いている関係上、地域の情報ウェブサイトがとても気になるところですが、敢えて調べてみることにしました。(リンクだけで長くなりますが、ご勘弁を) 一年間地域創生に関連するテーマで、ブログを書いてきましたが、2年目突…

こちら、事業引継ぎセンター。事業の引継ぎに悩む経営者に

地域活性化の原動力になるのは、働く人の福祉などの環境整備と、地場企業とくに中小零細企業の活力だと思っていますが、そのうちの後者の事業継続について記事ります。 中小・零細企業は、個人経営での規模が小さいものが大半を占めると言いますが、実は創業…

学びやで消える金次郎像に日本の断捨離の課題がみえる

今回は、二宮金次郎銅像から日本のアイデンティティに繫がる、一見「え?」と思われてしまいそうな話ですが、書いてみました。 二宮金次郎と言えば、ある一定年齢以上の方は、小学校の定番銅像(石像)というイメージが強いと思いますが、もう何年も前から、時…

愛知・中部地方の 産業・技術・ものづくり紹介の宣材に学ぶ

寒の戻りはツラいですが……みなさんマイナンバーカードのお手続きは進んでますか? 筆者は久しぶりに区役所へ出向いて手続きの確認に行ってきました。その時についでに県や市の広報誌を貰ってきましたが、今回は愛知県の広報についてです。 「愛知の引力。」…

MRJ、ああMRJ……MRJ。春一番と共に

先日暖かいと思っていたら、東海・北陸地方で、もう春一番吹いちゃいましたね、今日からまた寒の戻りが在りますが、こうしていよいよ春が近づいてきますね。 MRJの話題は、そのままスルーすればできてしまう航空機ネタの一つでしかないのすが、一旦足を突…

中部空港島に国際展示場ができる訳と、20XX年問題

予定通り、昨日新東名高速、豊田東JCT~浜松いなさJCT間の開通しましたが、東名高速の渋滞緩和に貢献してくれると期待しています。 さて、MRJなどの航空機やロケットエンジン製造などを柱とした、愛知県の航空・宇宙産業を中部の自動車産業と共に成長…

UR賃貸の近居家族への提案は一極集中抑止のヒントにも

東京都への政治経済・企業の一極集中は留まるどころか、今後も続く傾向にありますが、同時に圧倒的な利便性が生じたために、若い世代の人口集中も加速しています。 万が一関東湾岸で災害が発生した場合の国家機能の停止については、かなり前から問題視されて…

増える外国人観光客へ合わせるべき所とそうでない所

日本人が外国人を受け入れるか否かに関わらず、観光産業や金融業から、外資決済システム(中国決済導入、VISA決済拡販などや、知金融庁検討中のフィンテック融資・決済)の台頭や、日本企業のM&Aで海外的な考え方の導入が進んでいます。 見えない所から、会…

ご当地アイドルの終着点は東京ではナイ?成長の宿命を乗り越えろ

どんだけ振りでしょうか、久しぶりにじっくりミュージックステーション見てましたが、歌謡曲って進化してるんですね。キレッキレのダンスや、しみじみ聞かせてくれる熱い歌詞は、やっぱり良いものは良いと思えます。 ご当地名古屋の、男性アイドルユニットの…

地域観光の期待、外人にも注目される観光情報を発信すべし

ご当地・地域観光ツールとして、案内マップは特に初めて訪れる観光客にとっては大変重宝する者ですが、ペーパー製のマップも便利ですが、スマホを使ったマップや、インフォメーションの現状はどこまで便利になっているのでしょうか。 利用する方も、利用して…

国産初ジェット旅客機MRJは、ニッポンにどんな期待をもたらすのか?

前回の国内メーカー製、HONDAジェットとMRJについて、HONDAジェットを中心に記事りました、今回はMRJの魅力について書きたいと思います。 MRJの初飛行、写真で振り返る 航空科学博物館:朝日新聞デジタル MRJは完成機の初飛行を無事終えて、さらに安全性…

日本の大動脈二つの高速道路にできるメリットと可能性

いよいよ2月13日に新東名高速道路の浜松いなさJCT~豊田東JCT開通にあたって反響を記事ってみたいと思います。 今回は2012 年まで開通している、新東名高速道の東端、御殿場JCT(静岡県御殿場市)から浜松いなさJCT(静岡県浜松市)に加えて以西の…

愛知県と観光関連企業の、鉄道を軸にした開発なう

愛知県は、今年の目玉となる伊勢志摩サミットに向けての、見込む観光チャンスの増加に合わせて、着々と観光施策の準備を。また、JR東海は着工を開始したリニア新幹線開通に向けて今から、名古屋駅とその周辺の開発・整備を進めています。 それによって、地元…

戦後70年節目に見る、日本・名古屋復興と発展。その②

戦後70年の節目に考えるとして、シリーズ最終回です。戦争による国同士の関係は、様々な角度から見ることができます。丁度天皇陛下がフィリピンをご訪問されたところであり、戦火の中で被害に遭った人々を弔問され話題になりました。 覚王山とゾウ 名古屋…

住民の足、タクシー・路電・バスの採算性と利便性のバランスは?

市民の足として、また今後見込めるであろう観光の足としての期待が高まる公共の移送手段として名古屋市では、LRTや基幹バスを市内・外で走らせていますが、その利便性などの声ついて記事ります。 観光化を兼ねた、利便性の高い交通網 国土交通省サイトではLR…

次はさしみ魚、またまたWBSでもニュースになる、氷温熟成食材

昨日、東テレのビジネスニュース番組を見ていましたら、またまた熟成肉の話題がながれてました。海外の国が輸出している様々な肉との差別化を図っている、日本の肉ビジネスは国内外での評判はどうなんでしょうか。 海外の肉は、牛肉から始まって低価格で高品…

豊かな地方創り、住民・行政・金融機関の協調を問うスタート

政府与党では、特定の大臣叩きに野党が余念がないようでも、その間にも粛々と地方創生の施策は施行されているようで、今回は政府・金融機関が予算面でサポートする施策と、今年一年の始まりに私達はどうかかわっていけばいいのでしょう。 まずは民間金融機関…

戦後70年節目に見る、名古屋復興と発展の歩み。その①

昨年では太平洋戦争、いわゆる戦後から70年と言う節目の年で、さまざまな見直しや復古が取り上げられました。今年はその流れでは次の70年というくくりで考え、過去がどう生かされ、未来にどう生かしていくかに触れたいと思います。 次の70年(またはそ…

住民の便利な脚、Uberの現状と日本タクシー企業の取り組み

昨年次世代のタクシーの話題で、UberやLyftといったサービスの台頭の記事を載せましたが、ここ最近アメリカを主に黒船が様々な業界に進出しています。果たして日本国内のタクシー運送業に影響は出ているのでしょうか。 アメリカが発祥の、タクシー運送資格の…

地方創生と言う便利な言葉と、その実際かみ合っていますか

このブログでは、地域が前向きに動く姿や、それによって起こる課題を中心に書いてきていますので「地方創生」と言うキーワードはとても良く使うわけですが、主に安倍政権時代から頻用されてきた用語を、少し見直してみます。 47都道府県の地域全てに該当す…

大阪探訪、昨年の続きで真田丸と、名古屋城のライバルを視察?

今年大河「真田丸」が始まって、NHK協賛怒涛の赤い旗が街中にはためく大阪編です。今回は筆者も、先日の休みに歴史好きの友人と大阪に行ってまいりましたが、昨年に続いて真田丸関連ともう一個、大阪城を見学できましたのでその話を中心に記事ります。 三光…

交通被害を轍に、無くてはならないマイカーの在り方に目を向ける

私たちの生活で必要な移動の足ですが、自家用車・タクシー、公共機関では、バス・電車など地域によって過不足が問題にされることがあります。アメリカでは銃社会の問題、日本では自動車社会の問題として、人を脅かす顕著な話題に触れます。 安全運転セミナー…

日本の商いの原点を見直す動き、新ビジネスモデルの模索

今は、丸紅などの大手商社が世界を舞台に貿易を行う事で、様々な商品が私たちに提供されているのですが、国内での流通は一般的に卸が行うのはご存知だと思いますが、昨今の埋もれた逸品を取次するビジネスが、町おこしに一役買っています。 日本の小売りは卸…

ポジティブな一年に。活動的なサルの年にフィーチャーすべし

先日のWBSの見方では、6月の原油価格見直しが予想されるOPEC会議まで、ガソリンなどの値上がりはないとの見方が出ているそうです。長期的に見れば反動が懸念されているようですが、いくら心配しても投資でもしてない限り、どうにもできない現状は、それなり…

名古屋城天守木造復元への道⑦タウンミーティング参加

名古屋城天守閣木造化の市民へのタウンミーティングが、昨年から始まり筆者も追ってきましたが、今回は在住区のタウンミーティングに参加してきた記事です。 まず私事ですが「名古屋城天守閣木造復元への道」とタイトルを統一して、文化・観光施設である当ブ…

企業と大学が知財活用する時代、雇用者の知財活用も見直しを

今国内の人口減少に伴う人材不足の深刻さを埋める努力が、官民合わせて勧められていますが、企業と公立大学の知的資産を生かす共同開発から、個人の眠れる才能を生かした起業まで、知的財産での二毛作に注目してみます。 企業と大学との知的財産共有や、活用…

海外進出企業の明暗から学びとる未来とチャンス

海外進出する日本企業は、もっとも近くもっとも巨大な市場の中国から撤退するところが、増えているようですが、ひとえに人件費の高騰が主な理由だそうです。 次に有望とされた東南アジアも近く高騰が予想されており、既にその先を見据える時期にもなっている…

世界で一般化する多国籍共存の時代を迎える今年の日本

2016年という年は、私達日本にとって幾つかの乗り越えるべき課題が、形になる年でもありますが、その一つに人口・人材減少にともなう海外人材の受け入れです。 2015年以前より、問題提起や話し合いはさまざまされてきたものの、問題の自覚程度にとど…

みんな今年最後は感謝する、ありがとうの2015年

熱田さんですす払い、高山市で禊神事が行われたり、日本各地の神社で大鏡餅が奉納されるなど、いよいよ実感として年の瀬も極まってきた感があります。 熱田さん、すすはらい東海地方のニュース - 名古屋テレビ【メ~テレ】 http://www.nagoyatv.com/news/ind…

まだまだ進化中名古屋駅・空港・博物館・名古屋めし、あなたの街は?

年末年始は、留守にする宅もあったり空き巣犯罪も増えたり、普段起こらない犯罪や、今年発行が決定したマイナンバーの詐欺犯罪が増えたりして、独居の方など含めゆっくり安心して正月も過ごせない物騒な時代です。 世直し武将隊 | 甲冑姿で市民守る…愛知・西…

地方による創生は、何者でもない地方に住む市民のためのもの

2015年も、年の瀬あと間もなく今年も区切りを付けて、2016年になってしまうんですね、残りわずかを残して当ブログ今年の主題でもあった「地方創生」についてまとめたいと思います。 日本政府がデフレからの脱却を掲げ、経済復興の目的で始めた数々の…

今年は種まき、来年は成長見込める年に出来るか林業

日本は樹木が豊富にあって、林業が昔から発達していた話は以前に記事りましたが、植樹祭などのいくつか話題をしょうかしているものの、日本全国地方創生とはいいながら、地方山間部の主産業である林業は他の産業に比べて盛り上がりません。 それでも、いくら…

鉄オタでなくても見逃せなかった、鉄道トピックいっぱいの年

鉄道関連も鉄オタでない筆者でも何度も記事りましたが、それだけ話題も多かったという事でしょうか、私たちの生活の足であり、文化でもある鉄道関連ニュースは今年も尽きないようです。 明鉄(明智鉄道)は、ローカルお座敷列車の火付けにも一役買いました。 …

ようやく見えてきた地域振興、政策・世情は空回り?それとも?

普段自動車を乗ってらっしゃる方は、その恩恵にあずかっていると思いますが、最近はガソリンの価格が安いですが、直ぐに戻るかと思いきや未だ続くようですが、それを単に喜べるのかどうかは、人によって様々ですね。 筆者が自動車運転するようになって何十年…

地方創生ムーブメント渦中にある航空・自動車産業と観光産業の連携

愛知・岐阜・三重の東海3県は、地方創生のムーブメントに乗じて航空・自動車と歴史観光の地域産業を核にまとまろうとしています。独自の技術を武器に特化した産業と人の動きを活発にさせる観光は地域の雇用増加を図るのには効果的なものです。 前回、名古屋…

シリーズ④名古屋城天守木造復元への道、タウンミーティング12月から

シリーズで追っています、名古屋城の天守木造復元について、前回集会(タウンミーティング)が実施されていると記事りましたが、実施済みの区でかなりツッコんだ討議がされているようです。 タウンミーティングは、既に熱田区を皮切りに、北区、港区から開催…

MRJを旗印に先行投資の優位性を探る、未来に向けて産官学で人材育成急ぐ

今年、日本製航空機の話題はMRJによって大きな話題になりましたがある意味、筆者のブログにたくさんの話題をくれ嬉しい限りで、実際に初飛行を偶然とは言えこの目で見れたことは良い思い出にもなりましたので、今回は関連航空産業のまとめです。 未だMRJ関連…

知られざるご当地ブランドをサポートする仕掛人達、伝統産業生き残りの妙手

前座は、昨日に続いてGPファイナル女子フリーのチョイコメントです。 宮原初出場にしてフリー140点台で暫定1位を最後の一人まで堅持。ジャンプを多用したためか2つのジャンプ不発がたたって、120点台にとどまった浅田とは対照的に残念な結果。両名…

がんばれ日本、国内公道自動運転車のテスト2017年から

今年もあと少なくなってきましたが、本題の前に昨日のグランプリファイナル女子の浅田選手3位と宮原選手4位の滑り今年最後の滑りとして素晴らしかったですね。本日のフリーでロシアの牙城を崩せるのか、楽しみです。 さて本題ですが、今回は未来を感じさせ…

地域の人材育成、青田買いの限界と同産業の連携で生き残り

地域の産業は、それぞれ特徴があって、農業・林業・漁業・工業・商業などの中で、特徴が出るものですが、日本が本来得意としていた自然と関わって、自然と共生する産業、今回は林業について触れます。 山で人工林を木を育てて、産業とする林業の歴史は日本で…

どうなる名古屋城 市長の腹づもりと市民の割れる意見の行方

名古屋城木造復元への道シリーズ③ 名古屋城の建て替えか改修かの選択は、まだまだ賛否両論といったところで、6日熱田での初会合では、29億円の耐震改修で40年間維持に比べ、270億~400億円の木造復元案は、10倍の開きがあるため、実を取るのか…

まち・ひと・しごと創生、価値ある予算の分配を考える

石破茂地方創生担当大臣が今年1月に打ち出した、地方版総合戦略としての施策について、まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」と「総合戦略」が実施されて一年が経とうとしています。(2015~2019 年度の5か年) ようやく先行資金を元手に、候補地域で掲…

市民集う、知の館という発想、出版物と図書館の在り方を見直す時

ここ十年程で、お恥ずかしい話で筆者はめっきり本を読む回数が激減しましたが、最新の欲しいニュースや情報が手に入り、ネット情報も最近は紙媒体のそれより速さも確度が高くなっているため、段々あえて本などから情報を仕入れなくなってしまいました。 これ…

観光立国・人口減少対策に欠かせない外国人への期待

地方創生に関わる様々な課題について、ここのところ少しづつ踏み込んで記事にしていますが、今回は海外からの入国者の増加が見込まれている現状に触れてみたいと思います。 地方創生の観光立国を目指す政府が海外旅行者の増加を見込んだ統計を発表しています…

年末イベントといえば見ずにおけない、イルミ in 名古屋

今週のお題「年内にやっておきたいこと」 12月に突入してしばし、既にご存知の方はとっくにご存知、知らない方なら是非おさえたい名古屋でもすっかり定着しました、イルミネーション・デコレーション。 ワシャ仏教徒やから、関係ない! とか野暮なことはこ…

名古屋の玄関口「メイエキ」ならば東口も西口も利用しやすい駅に

昨日の広報しようと話題にしましたが、毎月初に発行される名古屋の広報紙である、「広報なごや」12月号がようやく届居たので目を通していたのですが中面にどーんと載っていた「議会の活動」に 目を惹かれました。 その記事については、また近いうちに触れ…