くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

癒し 美味

年末イベントといえば見ずにおけない、イルミ in 名古屋

今週のお題「年内にやっておきたいこと」 12月に突入してしばし、既にご存知の方はとっくにご存知、知らない方なら是非おさえたい名古屋でもすっかり定着しました、イルミネーション・デコレーション。 ワシャ仏教徒やから、関係ない! とか野暮なことはこ…

朝程ゆったりのひと時。いつの間に?地味にウレシイい「コメダ」の変化

このブログの第一回目は、コメダコーヒーで書いたのですが、それは筆者がブログや小説を書くときに(そう、筆者は小説も書いてます。ブログの右下に実はそのリンクがあったりします(汗))、よく利用するからなのですが、そのコメダコーヒーでここ最近、あ…

地域を変えようと集う、可能性を探る動きに注目

二日続いておカタい記事でしたので、ユルい身近な内容をたくさん取り入れていきたいと思いますが、こうして地域応援ブログを書いていると、ある程度課題的な内容の者も織り込んでいかないと、実感がわかないのではと思うようになってきました。 これからもで…

食欲の秋なので、あんかけスパ食らうっ「ダブルで」ハードボイルドに

秋の紅葉、香嵐渓もそろそろ見頃ですが、週末に向けて秋の楽しみを提案しようと、くろま流の秋の楽しみ方を探しました。 ブログではMRJの話題がモノ凄いことになっておりまして<(@()@)」ビックリ! 漸く一段落ついて……紅葉も気になりながらも、筆者はひた…

MRJいよいよ今週吉日初フライト見逃すな- 厳しい中での希望・展望

いよいよ日本の戦後航空機史上の悲願だった”純国産ジェット旅客機”が、日本の空を飛び立つ日程が確定したようですので、前夜祭的に少し煽らせていただきたいと記事ります。 この「MRJ」初フライト日程は、今年5月から幾度となく延期されてきたものですし…

おもてなし武将隊は名古屋文化の空気を表現出来ているか

何度か目の、名古屋おもてなし武将隊の話題です、筆者は特別に武将隊のファンでは無いのですが、無いのですが……彼らの活動を直に見てしまうと……良いですね、すごいと思ってしまいます。 上の画像、実は彼らはこんな人たちなんです。 何か親しみが持てません…

時には泣き通せる日があっても、いいんですよね。

国は違うのに。生活習慣も、文化も歴史も異なるのに、 言葉もまったくわからない。けど、 なんか、なんでか懐かしい思いと、涙が出てくる……。 そんな、一日があってもいいんですよね? よりぬきの3篇、ごらんください。 youtu.be www.youtube.com www.youtu…

それは離乳食から「マカロニきなこ」は大人子供共通の万能スイーツ

ミスドのドーナツたちは、庶民的で飽きのこない食べやすさが受けてロングヒットしたおかげで、今ではコンビニ業界も追従するヒットジャンルに成長していますが、こういった素朴な味わいのスイーツは、お手軽に作れる「マカロニ」で意外な広がりを見せている…

子供も巻き込んで楽しむファッションの枠を超えた価値

カジュアルファッションで日本では国内ユニクロ・西松屋と並んで先駆的なGAPは、初期からファミリーを意識して商品展開してもきました、その効果が今時ファミリーに浸透しています。 ご存知の通りGAPには、Ladies・Mensの他にBabyのブースが専用にあります、…

ミスドのザクザクドーナツが6年ぶりに復活を知らずに食べたら……

ミスド関連記事は前回の秋限定品で打ち切りしようとおもっていたのですが、クッキークルーラーが食べたくて買いに行った際、偶然新商品を購入していた事が判ったので記事ります。 ミスドの秋はマロンだけでなく「メープル」がありましたね、今回はたまたまミ…

ミスド100円セールドーナツ小さい疑惑を斬る(笑)

ミスドの100円セールに限らず、セールの商品にはとかく様々な疑惑? が渦巻くモノですが、これも人気・期待の現れと言うことでしょうね。 筆者のケースでは、ミスドのドーナツはだいたいいつも買うものは決まってますので、あまり参考にならないかも知れ…

旅行は工夫で安くも楽しくもなる国内旅行の技

たまにはのんびりと一人旅も良いですよねぇ。 今は海外旅行もメジャーなところなら意外と格安で行けるようになってきて選択肢は多くなりました。 国内旅行の方が割高感が強いと思ってましたが、意外や意外に安く済ませる方法もあるものですね。 昨今は格安航…

ネットはもう仮想では無い、人つなぎで町活性化の現実ツール

ネットワークでビジネス……などと聞くと、何年か前だとものすごくアヤシイ雰囲気を醸し出したものですが、もう既に過去のものとなったようです。 チョット一昔前のインターネット草創期の話をすると、えーとたしか日本ではヤフーがようやく上陸していて、創始…

【食レポ】栗まんじゅう? “ど栗” な、ミスドの限定「マロンドーナツ」

秋といえば栗が美味しい実りの季節……少々ひねりも無い切り出しですが、やっぱり来ました、ミスド秋の新商品マロンドーナツ販売されて少し経ちましたが、さて反響は如何に? どうしても気になった筆者が珍しく、食レポ記事です。 一見栗まんじゅうか、おにぎ…

逆襲のミスド!出来立てを強調し差別化

ミスタードーナツが、コンビニエンスストアの攻勢に対していよいよ反撃にでる様子です、ガンバレ! ミスド。 それにしても、コンビニの帝王セブンイレブンの凄さは際立っていますね。 以下のサークルKサンクス、ローソンはさほどシェア争いに響くことはない…

住民運営の寄合サロンの持つ意味

地元の寄り合いとしては古くから町内会がありましたが、人との付き合いが疎遠になる中、新しいコミュニティーが模索されています。 人口増加が上向きだった時代から、組織はそのまま引き継がれて、減少による人手不足に旧態依然の組織は機能しなくなってい…

やっぱり××はあった!は特番のキメ文句だけに

今回取り上げた記事は、日本人の血液型診断への飽くなき執念さえ感じる、まさにリベンジ感満載の内容ですが、それでも血液型にこだわる国民性とはどんなものなんでしょうか。 タイトルでいきなり「やっぱり……」で始まるあたりに哀愁さえ漂いますが、まず筆者…

山本 昌選手のもっとも贅沢なご褒美

今年で50歳を迎えるという、中日ドラゴンズの名投手の山本昌選手、現役最年長というのも凄いですね。 数々の感動を与えてくれる選手の自分へのご褒美は何か?気になります。 山本昌選手のイメージからして、筆者の勝手な印象なのでご勘弁いただいて言うと、…

非日常の恐怖が生む創造性が日常のピンチを救う

生死を分けるようなサバイバルは起こらないかもしれませんが、それと同じような窮地に立たされた時に、人はその恐怖と闘うためにその状況に集中し、突破口を全力で探そうとした時に生還のチャンスが生まれる事を、記事は教えてくれます。 冷静なリーダーの居…

「カロリー」を見直すと和食にたどり着いた

今更カロリーって何でしょう?と問われても困るんですが、たかがカロリー、されどカロリー健康に生きるためには切っても切れないだけに、ここでもう一度基本を見直してみました。 ある意味見た目もカロリーになると思えちゃうくらいキレイ=美味しそう=高カ…

名古屋コメダがコンビニコーヒー参入、でもお店もね

お膝元名古屋から全国展開中のコメダコーヒーが店舗展開出来ない地域に向けて、コンビニ販売の商品を発売するそうです。 アイス・ミルクコーヒーと定番モーニング、パンはバターが人気ですが筆者はジャムが多いです 今回商品化するのは、コーヒーのみのよう…

愛は奇跡か、ずっと変わらない夫婦の想い

誰もが羨む、夫婦の理想の人生の終わり方に誰もが奇跡と感動を覚えるでしょう、しかしそれまでには、けっして平たんではない二人の人生があったからこそではないでしょうか。 夫婦になった誰もが必ず撮る記念写真、後にも良い記念にならんことを やはり本来…

スーパー研究家、浜松のご当地グルメ勧める訳

「えんてつ」こと遠州鉄道は、静岡では知らない人はいない程知名度は高く、同企業系列の、えんてつストアーは最もポピュラーな商業施設の一つです。 地元人なら当たり前、でも観光者にはご当地スーパーは「食材のワンダーランドや~!」 筆者もたまに車で遠…

「カフェ」で憲法語ろう、子育てママさんのムーブメント

ママさん目線は今や荒百合ことに大切ですよ、今も昔もママさんの鋭い目線は、世の中の不正や本質を見極める指標となるものですから、もっと博視野を広げる機会を増やそうと、とても積極的です。 世の旦那が、日々の仕事にひっぱりまわされている間に、その奥…

そこまで群がるのか?ドーナツ戦線、各社の仁義なき闘い

いわゆる「真似された」ミスタードーナツに注目が集まっているとのことですが、ドーナッツに「意匠権」とかはなかったんでしょうか? ミスドのパクられ対策は気になります。 仕事疲れの、糖分補給にはぴったりのスイーツですよね 日々の幸せは、ドーナツだけ…

葬儀も墓も不要な超合理葬 「ゆうパック」で永眠の地へ

早盆で、筆者は既に法要を済ませてしまいましたが、大方の人はこれからになりますね。そんなときに話題にのぼる、大切な話です。 埋葬希望者で木を植えて、亡くなったらそこの下に埋葬する方法がいいかもですね。 お盆や法要、こういった節目に必ず話題にな…

病院で買える健康の思わぬ姿

すがる藁を求めて、後をたたれた人々は、得てして自滅の選択を求めてしまうのでしょうか? 日本人がかかりやすいと散々言い続けられてきたガンの治療法は、根本的解決を見ないでいます。 なってみないと判りませんが、姉を乳ガンで亡くしていますので、その…

子育ては、子供をほめるもので、親をほめるものでない

今回の記事は海外事例仕立てになっていますが、日本でもこのようなことは日常茶飯事な出来事のような気がします。 「イクメン」の言葉が普及してきて、一般的な認知はできたかと思いますが、実際の父親の子育て環境は、単に家庭だけの原因ではなく、職場や社…

村田さん講演、母性文化で紛争解決を目指そう

会社組織への女性役員参画には縦型の組織構造が大きく障害になっていることを以前のブログで記事りましたが、村田さんは母性社会の観点で同様の活動をされていらっしゃいます。 紹介記事の講演は「御宿ネットワーク」の設立記念イベントで行われ、「女性の活…

ペットの再出発になるように。愛護拠点 動物保護センター

動物保護問題は、広義ではゾウやイルカの保護活動の世界共通意識の問題から、ごく身近な生活に直結する問題までさまざまですが、今回は後者に関連した記事について考えます。 動物保護の面では、筆者の幼少だった70年代は酷かった記憶が多いです、犬・猫が…