くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

エコ企業LEGO社、環境配慮の新素材開発に巨額投資

 

 4月、名古屋へのLEGOランド建設発表から、関連記事を追っていますが、今回紹介記事では、2016年から始まる、LEGO社の新たなエコ材質開発への投資という、明るい話題です。

 

 

f:id:kromaryu:20150726224948j:plain

 

 

 

 LEGO社の商品は、当初より材質はプラスチック(ABS)製ブロックですが、今までは子供が扱うだけに、パッケージ・製品の小規模な改善はあったと思いますが、素材製造工程ではまだ十分エコとはいえませんでした。

 

 この問題解決は、同社にとっては企業の性質やコンプライアンスの面に於いても、今まで同社の最もホットな究極的課題だったはずです。

 

 同社は、この問題にいよいよ終止符を打つべくして、行動に出たようです。
CO2排出量が低くサステイナブルな(持続可能な)材料の開発に多額な投資を始めようといています。

 製品素材が自然環境にダメージを最大限与えないように配慮する事は、企業としての未来を見通した、前向きな主張としての効果が期待できるでしょう。

 

 そして、改めてLEGO社の企業概念を世界に再認識される、格好の機会となり得るのです。

 

 このような企業の施設が、近い将来名古屋にオープンする事は、今後航空機産業・交通インフラ産業を主軸とする、地域発展を目指すこの地において、相乗的な活力と未来への希望を、期待させてまた、大いに地元産業の刺激になる取り組みです。


 誘致を決める段階で、このエコに最も取り組んでいる企業として、期待があったことは間違いないはずです。

 

  さあ、これからが楽しみになってきました。

 東海地方もいよいよこれを刺激や起爆剤に、大いに奮起するとともに、環境配慮を踏まえた企業誘致・街づくりをしてほしいと期待しています。

 


 

LEGO、環境に優しい新素材開発に180億円を投資。2030年までにABS樹脂を置換 - Engadget Japanes
http://japanese.engadget.com/2015/07/08/lego-180-2030-abs/

japanese.engadget.com