くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

三菱重工、MRJインドネシアで新展開

 

 MRJの製品第一号機初フライト延期で、欧州などで商機を逃して悔しい思いもしていますが、アジア市場に向けては、新たな発想で市場拡大を進めているとわかり、少しホッとしています。

 

 

f:id:kromaryu:20150730185224j:plain

 

 

 

 今までの米・欧州に対しては、インフラは成熟されていて 、単に航空機単体販売という発想だけだったのに対し、新興国である東南アジアなどに対しては、新しい提案をするようです。

 

 特に親日である東南アジア諸国では、新幹線のケースが層であるように、商品とその環境ノウハウも提案する事で、購入動機を刺激する方針が打てるという事です。

 

 航空機単体なら、他社大手の信頼実績のある機種はありますが、インフラや運営ノウハウまでセットで共同開発する事は、同じアジアの企業で、かつ日本品質を武器にできる日本に有利と言えます。

 

 既に働きかけを始めているようで、必ず対抗馬に現れる中国も自社機の開発が遅れている今、当にチャンスと言えるでしょう。

 

 ただし、日本のロビー活動の貧弱さは知れているところですので、油断せず着実に実現して欲しいですね。

 

 ようやく少し進捗を見た思いです、継続して見守りたいと思います。

 

 

 

MRJ新規需要30機?三菱重工インドネシアで航空ネットワーク再構
https://newswitch.jp/p/1374

newswitch.jp