くろま流 × NAGOYA式 ブログ

東海・名古屋発進 まちおこしに求められる情報を、幅広い時事から考える。

この事故の影響力

昨日、南の隣国台湾で総統選挙が実施され、大方の予想通りに蔡英文現総統が再選されましたが、これで一旦中国からの影響力を最小限に留めることができるとしても、依然として香港同様に中共圏の一部としての役割を強要されていく驚異は、変わりありません。

日本は中共とは直接関係ありませんが、韓国や北朝鮮は既に中共に親化している中で、日本海を挟んで中華戦略対抗する要として、香港や台湾に次いで驚異の対象である以上、決して他人事ではないでしょう。

 

さて、日本人はこれまで高齢者層を中心に、反戦アピールと核非武装で平和を世界に示してきたわけですが、実際の世界の動きはこれに追随することは無く、逃避に近いのでは無いかという現実にようやく気づく者も多くなっていて、近隣国の動乱にも注目され出しています。

中国が1国2制度をうたう中に含まれる台湾は、来る次期総統選挙を前に親中派と反親中派の駆け引きが激しくなっている中で、台湾政権が力を入れる防衛軍備改変するこの時期に、このような偶然の事故が起きる事で、例えこれが計画されたものかそうで無いにしろ、緊張が高まらざるを得ないのは、隣国としても残念な話です。

 

こうした事故や事件は往々にして起きますが、これを偶発的か必然的に起きるのかを公正に判断する術を多くの人は持っていませんので、真偽の追求に始終するのは合理的ではないように思えます。 

 しかしながら、常に公正な判断をする上でそれぞれの中に、賛成派と否定派の二律背反性を持っていなければ偏りを修正できないだけに、自分が感じる違和感は大切にしてほしいと思います。

 

www.fnn.jp

台湾で軍ヘリ墜落 参謀総長ら8人死亡 - FNN.jpプライムオンライン

 

この後日談は、ほとんど日本へは流れてきませんが、台湾次期総統選に大きな影響力を与えている点で、無視できない現実であり日本にとっても、自衛隊の防衛力増強に関心が高まる今は他人事にはならない切実なテーマになります。

筆者が、台湾の情勢に関心を示すのは単に台湾が好きだからという理由も少なくないですが、環境や規模が似通っている日本を客観的に展望する目線にとって、台湾の事情に詳しくなることは、むしろプラスになっているからです。

 

日本の現状を俯瞰化するのに、特別台湾にこだわる必要はありません。アメリカであっても中国であっても東南アジア諸国であっても、何ら問題ありませんので、こうした国際的な目線を取る上で、どこかと比較する手段を持ってほしいと感じるだけです。

自分が日本人なので強く懸念するのが、気がつけば遮眼帯をはめた競走馬のように、一定方向の情報ばかりに目を奪われている自分に気づくことですし、これが筆者が単独の性癖であれば問題はありません。

 

スルーされて然るべきですが、どうもそうではない気がするので、敢えてカミングアウトしてみましたが、あくまでみなさんのご判断にお任せいたしますし、強制するものでもありません。

ただ、もしこうした懸念すべき判断力の偏りがあったのであれば、気づいた事典で修正をかけないと、正すのはどんどんこんなになるでしょう。

 

特にタバコやギャンブルなどの依存性に関わっている人であれば、尚のこと身の回りの偏りを見直した方が良いと思いますし、そうでなくてもちょっとし変化で、強い意思は簡単にすり替えられてしまうものだけに、自制と公平性を意識して行動する習慣が当たり前にできるように訓練していく方が、後々精神的に楽になるはずです。

この課題のクリアすべき項目は人それぞれで千差万別で、これだという決めてがないだけに、まずは自身の中身を冷静に見定めることから始めるしかありません。

 

それにパワースポットを利用したり、ヨガで鍛え直すのも良いかもしれませんが、要は自分の中にいつでも呼び出せる精神安定剤を持っておくことでは共通していますから、いろいろ試すのもよし、もっと身近なところに求めるも良いことです。

そもそも人として個性を持って生まれた以上、存在自体が特殊なものですし、公共性を必要以上に重視する行動は、同時に自身にストレスを高める事にもなりますので、自分を知ってどのようなインフルエンサーに耳を傾けるべきかを、判断すできるようにしたいものです。