くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

映画の名作ローマの休……ならぬ、東北まちおこし動画

 おそらく地元では相当有名なのでしょう、ローマならぬオーマ(大間)の休日というキャッチは釘付けになった、という短編ネタです。 

 

www.toonippo.co.jp

オーマの休日!?まちおこしゲリラが“本家”に乗り込む|観光・イベント|青森ニュース|Web東奥

 

上の記事では有料なので、仕掛け役の集団に関する動画を併記しておきますが、町おこしにとてもユニークな方法として、それだけでなく単に楽しめるオモシロ動画として参考になりますね。

 

youtu.be

https://youtu.be/5kjABvZGt48

 

Youtubeをはじめとする、無料動画の活用によって町おこしを試みる自治体や非営利団体は、結構増えてきて手法の一つとして現実的な手段となったのは、広報する側にはとても大きなメリットになりました。

動画によっては「広告大賞」のような別のメディアでも評価されるケースもあったり、制作側の費用面でハードルの低さもあって、モチベーションも上がるのではないでしょうか。

 

これらの動画で話題になりやすいポイントは一企業の営利目的ではなく、純粋な地盤産業や文化を地元愛深くアピールする、純粋な思いと情熱が見る人を感動させるところにあるようですが、商用広告があまりにも画一化される一方で、人を動かすのはなにか?という原点を改めて思い起こさせる点でも、初心に戻るという反面教師の思いも含まれているからでしょう。

 

プロは「売れる」ことが至上命題であるのに対し、素人は「訴えたい」ことに思いが集中する結果、シンプルな思いがわかりやすく、面白く、微笑ましく、そして切実に見る側にテーマが伝わってくる。

この差って、クリエイターにとってとても大切な原動力なのですよ、一見微々たる差にみえるこの違いは、見る側に雲泥の差になって響いているのだと思います。

 

だからこそ素人集団の捨て身の行動は、オモシロく時として感動すら覚えるミラクルヒットにつながっていきます。

これからまちおこしに携わる方、深刻な地元の疲弊をなんとかしたいと悩んでいる方々、沢山の成功事例を動画で見まくってください、そしてその捨て身の思いを沢山吸収してください。

 

きっと、「まちおこしパワー」を感じ、光明がみえてくると筆者は実感しています。

 

「いや〜、まちおこし動画は、本当にイイですねぇ」

 

名画にかけて、故水野晴郎氏風に……シメ。