くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

#MeeTooと、TIMES UPで浮かぶ差別課題

#MeeTooと、TIMES UPというキーワードがエスタブリッシュメントを起点に勢いを増しているようです。

筆者はそのエスタブリッ……なるハイソなお立場と乖離した人間ですが、この流れは今後一般化して行くでしょうから、今のうちからシェアしておきたいと思いました。

 

www.mensclub.jp

http://www.mensclub.jp/esquire/recommend/hollywood-women-times-up-sexual-harrasment-plan-180104-hns/

 

性差別に関する問題は、昨今ですとLGBTでも国内で話題になってはいましたが、比較的保守的な日本ではどうしても遅れがちな話題ではありますので、現実的に浸透するにはハードル高そうですね。

それだけに女性はもちろん、特に男性の意識変化が世に問われているこの問題は、生殖機能を是とするオスの根本的な進化の岐路にも立つ、結構深刻な課題と考えられます。

 

世代交代によっては、性差志向が弱まっている最近の傾向のせいもあって、今後ある程度改善されるのでしょうが、そもそも根本が男の存在意義を左右する問題も含まれるので、このいびつな女性への偏差的トラウマは、根絶は難しいでしょうがこれからの抑止につながるでしょうから、未来を生きる男子たるもの心しておかねばならないでしょう。

ちなみに今までの経済史は、ある程度この性差の問題が良くも悪くも刺激になって発展してきた一面は否めませんから、全否定する姿勢もどうかとは思いますが、今後の経済史の進化ににともなっては、むしろマイナスにしか働かなくなってくることを考えると、過激化するのは男女問わず利点はありません。

 

この運動によって、新しい経済効果を生めることは無論ですが、国内でも古くからある同和問題などの地域差別やいじめ問題含めて、根っこが繋がっているだけに見た目を変えつつも根本は変わらない問題に、新しいアプローチを期待するという大きな視点で、この運動を見守っていきたいと思っています。