くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

女性進出で見えてくる社会の功罪

 女性の社会進出が加速する前例のない時代を迎えて行くことが、この記事で明るみに出たことは、事前に対策を取れるという点では幸運立ったかもしれません。

 

女性が直面する「稼ぐほど結婚できない」現実 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

toyokeizai.net

 

 女性の社会進出自体は、人工現象や人材活用の面では、負荷ケツであり避けることはできない時代の流れであり、しかしながら女性が忙しく豊かになることで、女性固有の能力である妊娠出産の機会がヘルコトモ、日本の将来にとって喜べるものではありません。

 未曾有に経験になるであろうだけに、誰も経験していない、新しい体験は、対策の行動を遅らせますます人工減少を後押しするでしょう。

 

 この問題は、かつての男女間のかかわり合いを、様々見直して、いかに柔軟に変えていけるかがポイントです。

 まず、今まで以上に、プライベート以外の社会的にも公共的気にも、より男女間の共感する場面を想定していく準備を、どうすれば増やすことができるかを、ひとりひとりが取り組んでいくのが大事になります。

 

 今までのように、職場環境家庭環境の多様化が加速し、お決まりの家族像を基準に物事の取り決めを進めるのは困難になります。

 その色んな生き方、生活様式が混在することが前提であり、その有り様を認めた上で、新しいルールが決まっていかなければ、単に女性が社会進出する流れを男女とも傍観していては、この現象と人の認識のギャップが広がっていくに連れ、ストレスがたまってしまいます。

 

 出産以外の役割は、家庭職場どの環境であっても基本平等に担うという、認識が一般化できるように、心の準備をしておかないと、溝は必ず深まるでしょう。