くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

今年度ミスコリア選抜最終選考の4人の話題について

 

 久しぶりにちょっとゆるい記事ネタのコメントをしますが、下の画像のようなミスコリア選抜大会を観た人たちの間で、話題になっているそうなので、一枚かませていただきます。 

 

 

f:id:kromaryu:20150802200824j:plain

 

 

 まあ、ご存知の方も多いと思われますので、簡単に説明させていただくと、ミスコリア選抜大会の、エントリー女性の顔がまったく同じ? に見える、というちょっとオカルトっぽい話なのですが、上の画像(注:ちょっとエフェクト済)を見ていただいてもお分かりの通り、まあロン毛で目鼻立ちも似てはいますが、ちゃんと区別がついていますが、これが今年の場合はさらに「際立った」ということでしょうか。

 

 ただアメリカは比較するまでもないですが、日本のような地味な選抜でも、ビジュアル面での個性を出して臨むのに比べると、明らかに没個性ではあります。

 

 要は筆者が男の性で、きれいなお姉さんは大好きだから、取り上げただけといえばあながち否定はしませんが、ある意味韓国側の審査員が「優秀?」という見方もできなくないですか?

 これだけ没個性の出場者を、僅差で選り抜いてランク決めするなんて、まさに神業の領域でしょう。

 ただ、さらに見方をかえれば、選抜側もここまで揃えてくるとは想定外で、すでにあきらめているか、またはわが祖国の美人化テクノロジーの進化に目を細めていらっしゃるのか、ここまで継続しているところをみると、そこまで邪推したくはなりますね。

 

 女性の方々には申し訳ないのですが、正直美人というのは統計でもあって、ある意味没個性を承知の大衆化現象でしょうから、そもそも韓国は単にそれを地で行っているだけなのかもしれません。

 女性にとっても、究極の目指すべき「美の目標」でもあるわけですから、それが結果的に受け入れられていれば、それは正義なのでしょう。

 

 ま、平和と云うことでしょうし、世界に美人が増えてまずい人はあまり居ないと思いますので、生温かくみまもってみたいと思います。

 

 

 

痛いニュース(ノ∀`) : 【画像】 今年の「ミスコリア選抜大会」 最終選考の4人の見分けがつかないと話題に - ライブドアブログ
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1846677.html

blog.livedoor.jp