読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろま流 × NAGOYA式 ブログ

名古屋在住者の視点から地域産業・観光を通した活躍を応援。

「△」出す人の為に、自衛隊を危険に晒すのは忍びない

 

 政治家というものは、どれだけの善人であっても、こんなものかもしれません、景気向上には多大な貢献をしているだけに、とても残念な事実です。

 

 

f:id:kromaryu:20150720145152j:plain
吉田茂に対し不遇だった、個人的意識の反航が岸信介を動かしたのではないか?(両名共、元総理)

 

 

 今回の紹介記事に出ている番組の回は、筆者も見ていました。
過去の筆者記事にも挙げたとおり、この番組でドン引きしたのを覚えています、この頃から彼を疑うようになったのは否定できません。

 この方は、良くも悪くも自分にウソが付けない、政治家には珍しいタイプなのかもしれませんね、だから総理大臣に逆らえなくなった自民の体質を知ってか知らずか、祖父から引き継いだ積年の思いを、悪びれずに押し通せたんだと思います。

 安倍総理に問題があるとすれば、祖父の岸元総理の達しえなかった「日本が最も主体的だった時代」の復興を、祖父の吉田茂元総理への反骨を個人的にリベンジしているだけに見える事。

 その明治維新から第二次大戦前まで豊かだった日本成功の幻影を、今も祖父と同じに追い求めているのは、残念な話です。

 日本は優秀な国です、事実それを恐れた西洋諸国はその実力を何度も形骸化してきました、日本はそれを受け入れ地道に進化してきたのです。

 一点、日中戦争という慢心行為を起こすまでは。

 日本の目指すところは、平和を訴え、それを体現する国づくりである筈です。

 安倍総理の目指す「美しい国、日本」がそれをどこまで体現するものなのかは、もう少し見守らなければならないでしょう。

 

 その過程で、戦争への取り組みついては、ほぼ説明も無しに改変してしまった平和の根幹法案によって、残念ながら国民の信用を失墜させました。


 次は、見事信用を取り戻す結果をだしてくれるでしょうか?

 世界ではギリシャや中国で起きている経済崩壊の顛末によっては、日本も大きな経済的打撃を少なからず受けるでしょう。そしてかつてのような予定通りに進まない事態は十分起こり得ます。

 そうすれば、アベノミクス経済政策が暗礁に向かう可能性は希望したくないですが、起こるでしょう。

 そうなった時、安倍政権は何を成し得たことになるでしょう?

 散々、自国で国を守ると触れ回っておきながら、某番組アンケートで

「私はお国のためなら死ねる」

「△」

 そういう、覚悟のない首相が決めた法案を、どうしても信用できないんですよ。

 立場上、ぼかしたと言うのは簡単です、でもそういう常套句をあのシーンでは誰も期待してなかった筈です。

 それまで快調に的確な回答をしていて、アレですからそりゃ「え?」ってなるでしょう。


 競技場予算案見直しなど当然のことですし、それをしたからって誰も評価しないでしょう。

 

 まさか、戦争放棄を辞めて戦意を露わにした国を野ざらしにしただけで、そのまま解散ってことは無いですよね。

 

 

 

【しっかりして!永田町】歴史的な観点と信念で政治決断せよ 今の政治家に足りないも
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140727/plt1407270830001-n1.htm

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140727/plt1407270830001-n2.htm

www.zakzak.co.jp

 

安倍首相が「国のために死ねるか」の質問に「△」と答えた事が判明! それで国民には命を捨てさせるの
http://lite-ra.com/2015/07/post-1305.html

lite-ra.com