くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

「あじさい」名所4選|宮城県で、今年も6月から楽しめるかな

 

  きのうは1日雨が降りました、東海地方もいよいよ梅雨ですかね、ジメジメは得意ではありませんが、梅雨は大事な時期ですから、この時期でないと楽しめないものもたまにはいいでしょう。

 

f:id:kromaryu:20150604204335j:plain

 

 

  東北地方はもう少し先になるでしょうが、今のところ例年通りのタイミングで梅雨がきてますから、今月10日過ぎから中旬辺りからですかね。

  梅雨の花と言えば「あじさい」ですが、紹介記事では東北・宮城県の名所の紹介ですね、あじさいは花びらや葉っぱの色が鮮明なので、雨にぬれるとなおさら鮮明に見えるようになって、雨の日に映えますよね。

 あじさいは見た目洋花っぽいですけど、調べると日本古来からあるんですね。

日本最古の和歌集である「万葉集」とか、
平安時代中期の辞典「和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」

に「アジサイ(あて漢字ですけど)」と書いてあるそうで、筆者今まで知らなかったのは、日本人として恥ずかしいです。


 その他にも梅雨の時期の花と言えば、「花菖蒲(しょうぶ)」とか「蓮(はす)」なんかもそうかもしれないですね、どれもあじさいとおなじに雨にぬれると色が映えてキレイにみえますね。

 筆者はあまり花については詳しくないので、素人なりにこのくらいにしておきますけど、好きな方ならもっとすてきな花をご存知なんでしょう。

 最近は花屋さんで、季節に関わらず手に入る花が多いようなので、季節感が薄れてるかなと思う事がありますが、素朴ではありますが筆者も、野生の花で季節感と梅雨の不快指数を下げるように目を向けてみたいと思います。

 

 


見頃はすぐそこ!6月から楽しめる「あじさい」の名所4選|宮城県|cozre[コズレ] ママパパの子育てをもっと楽しく
https://feature.cozre.jp/66525

feature.cozre.jp