くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

名古屋市一人乗EVを郵便配送実験開始。発想の転換

 

 6月4日、いよいよ本日出発セレモニー後に、超小型のEV自動車を使って郵便物の集配を行う全国で初めての、CO2削減に向けての実証実験が始まりました。

 

f:id:kromaryu:20150604163346j:plain
車輌は、豊田市などで事象実験もされ、走行実績のあるEV

 

 

 長さ、幅及び高さがそれぞれ軽自動車の規格内2.対象とする超小型モビリティ赤い コムス(トヨタ車体製)という車種の特装車で、主に背後にある荷物BOX部分の積載量を標準仕様の倍、60Kgに変更されていて、郵便物を多く積める様に変更されているようですから、それなりに実現化を視野にいれた「専用車」にしてあるようですね。

 最高速度は原付自動2輪車と同じなので、高速は使わず一般道専用になりますから、現状の「カブ」や、軽自動車の中間という事でしょうか。

 走行距離は市街地走行で約50km。充電時間は約6時間で満充電。乗車人数は写真でも判る通り1人の仕様となっているそうで、試行配備局は名古屋市内の、名古屋中央郵便局、昭和郵便局、名古屋北郵便局、名古屋中郵便局に各配備されて実施されるそうです。

 まだまだ実験がスタートした段階ですが、正式に配備の条件としては現実的なものですので、今実際に稼働しているカブや軽自動車の廃止タイミングをもって随時変更されていく可能性があります。

 この実例が成功すれば、各メーカーの同様の車両を含めて、全国的な普及が現実に近づくわけですので、成功を祈っています。

 

 

 

名古屋市など、超小型EVによる郵便集配作業の実証実験開始…赤い コムス が走る
http://response.jp/article/2015/05/28/252213.html

response.jp