くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

名古屋港シートレインランドの、スケスケ観覧車が……!?

  名古屋港敷地にあるこの遊園地、今年7月で開業20周年となります。
ここの観覧車は夜景スポットとしても知られた穴場ですが、この機に一工夫されるみたいですよ。

 

f:id:kromaryu:20150528112416j:plain
360度スケルトンの観覧車、夜はそれはもう……

 


 「中部地区最大級、高さ85mを誇る港のランドマーク!昼は360゜の雄大なパノラマを、夜には宝石を散りばめたような美しい夜景を満喫しよう!!」(抜粋)
なるキャッチでおなじみの、名古屋港シートレインランド’(愛知県名古屋市港区西倉町)の記事です。

 

 開園した時から、周囲のランドマークにもなっていた、高さ85mの「シースルーゴンドラ」の大観覧車が人気ですが、これがまたお色直しします。
 ちょっとしたことなんですが、これで昼と夜とで「でぇーりゃ~違うがね」という事になりそうなんですかね。


 詳しくは記事をご覧いただきたいのですが、窓に貼った半透明ラッピングが名古屋名物じゃないけど「みそ」らしいんですわ。

 元々ここの観覧車スケルトンなので、ある意味不利なのは外装がモデルチェンジできないため、しばらくすると外見上の目新しさがどうしても落ちるわけですが、このラッピング素材で好きな柄をプリントして貼っても……もうお分かりですね?


 イベントに合わせて張り替えれば、宣伝効果バツグンだネ。

 こういった便利な素材が出来たからこそ可能な事なんですが、なによりシートレインランドの観覧車の一番の魅力である「スケルトン」を殺さずに、イメチェンもできるって、まさにここのために開発されたような技術ですよ。

 

 この試みは、来年2016年の4月末まで継続されるらしいです、それまでに一度は、この「スケスケ度」を体験しておきたいですね。

 どうせ楽しむなら雰囲気がかわる、


「昼」と「夜」どっちもね!

 

 

愛知県・名古屋港シートレインランドの大観覧車に電気機関車をラッピング!?http://news.mynavi.jp/news/2015/05/21/028/

news.mynavi.jp