くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

イチロー伝説キター、球場全体を幻惑したトリック

 

 イチロー、またしてもメジャーリーグで伝説をつくってくれたようです。 

 

 

f:id:kromaryu:20150514075606j:plain
ヨッツ、イチロー

 

 

 (いきなり小説調です)

 米10日、彼は見事なトリックを仕掛けてくれました、敵地ジャイアンツ戦で接戦を展開するマーリンズは同点に追いつかれるか、の窮地にたたされます。

 その時イチローは彼の最も得意とするライトを守っています。

ジャイアンツ監督は、ここ一発の同点を狙って代打を操出し、代打は見事にそれに応えるのです。

 打球はライトスタンドに高く伸びていく。
そう、イチローの頭上を越えようとしていたのですが、さすがの俊足の彼でも落球に追いつきそうにない、このままではヒットになって、ランナーはベースを踏んでしまいます。

 その時です、誰もが一瞬彼に失望しました。

 

イチローが打球を見失った!!!……?」

 

この時、思わぬ奇跡が起こりました。

ホームに還る筈の走者の足が停まったのです。

 

 打球は、ライトフェンスに跳ね返り、イチロー側へ転がって彼は難なく拾ってホームへ返球し、走者は三塁で足止めをくらって、同点は阻止されるのです。

 

 誰もが何が起こったか、判りませんでした。

マイアミの実況者さえも、「見失った!」とアナウンスしたのです。

 

 しかし、それはイチローの仕掛けたトリックです。
彼は、わざと自分を球を見失った「フリ」をして、ランナーの足を止めて見せたのです。

 

 最後残念ながら、試合はマーリンズが負けましたが、イチローの起こした何とも粋なトリックプレーは、大賞賛を受けました。

 

 そして、また野球の歴史に、新しい「イチロー伝説」を刻んだのです。

 (詳しくは記事をどうぞ)

 

MLB】「イチローにやられた」 走者だけでなく、球場全体を幻惑した“トリック” 5月11日 19時7分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00010011-fullcount-base&p=2

headlines.yahoo.co.jp

 

http://www.daily.co.jp/newsflash/mlb/2015/05/11/0008014680.shtml

www.daily.co.jp