くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

一足先に衣替え?エナジードリンクと真逆の『リラクゼーション飲料』

 朝から、元気に仕事の戦場へ!いざ。

 名古屋でも一時ご当地ものであったような気がしますが、現代の風潮は労働条件は大して改善されていないのに、健康志向で癒し系が主流の様で、ブレイクしたのに便乗してこのジャンルが過当競争の様相を呈していて、この手の飲料も時代に合わせて、衣替えのようです。

f:id:kromaryu:20150413075727j:plain
無理くり過ぎでは?こんなのも、凄まじいキャッチコピーです

 

 商魂たくましいといいましょうか、手を変え品を変えあらゆる可能性を模索する姿勢は勉強になります。

 この種類の商品の特徴をうたう場合、パフォーマンスが上がるかの根拠に科学的なものをもとめるか、イメージ的なもので納得させるかによりますが。
例え科学的お墨付きができたとしても、あくまで限定的条件であるのは変わらないので、『気分を変える』程度に利用した方が良さそうです。 

 エナジードリンクと言えば、『黄色と黒は勇気の印、24時間戦えますか?』で一世を風靡し、テーマソングがCDとして販売されたほどの人気がでたリゲインが起爆剤になって本格的にこの飲料ジャンルを確立しました、最近コンセプトは時代に合わせてトーンダウンしてリメイクされましたが、やはり当時の勢いのようにはいきませんでした。

えっ?もっと有名なのがあるだろうって?
あ……オロナミンCを忘れておりました。

 

エナジードリンクと真逆の「リラクゼーション飲料」でパフォーマンスが上がる! インク(USA)より 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42702

gendai.ismedia.jp