くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

名古屋市議の次は、東京渋谷で『同性婚』条例案可決

f:id:kromaryu:20150322135322p:plain

 先の名古屋市議選の女性として登録認定された立候補者に続いて今度は、東京渋谷区がLGBT関連の先駆けで、同性結婚を認める条例案が可決されるそうです。


 3月26日渋谷区民委員会で、同性カップルの『結婚相当の関係を認める証明書』発行条例案を賛成多数で可決。
同月31日本会議で成立すれば、翌4月1日から施行される見込。

 自治体が『同性婚の証明書』を発行するのは全国初で、成立すれば全国でも同様なケースがでてくる可能性ありそうです。

 筆者は異性に興味をもつ方なので、厳密には当事者の気持ちははかれませんが、同性に恋愛意識の愛情を感じる方たちは面に出ないだけで、思った以上にみえるんだろうと思いますが、アメリカやヨーロッパとは違って日本はどうしても『忍』の気質があるので、こういった制度が直ぐに広まるとは考えにくい気はします。

 ただこの様な変化がある事で、今まで独り心の中で胸を痛めていた人たちにとっては、かなり気持ちが楽になるのでは?とは思います。
 個人的には大っぴらにひけらかすのはどうか、とは思いますが一方色んな意味で、

『自分らしく』人生を歩む

きっかけになって、少しでも増えて理不尽な抑圧から解放につながるのは賛成です。

 自分らしい生き方ができることはポジティブになる事で、社会貢献にも大きな意味があり、その人だけでなく地域の豊かさにつながります。

 

HUFFPOST記事
http://m.huffpost.com/jp/entry/6945136

The Huffington Post 投稿日: 2015年03月26日 
http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/26/shibuya-lgbt_n_6945136.html

www.huffingtonpost.jp

 東京都の渋谷区議会は3月26日、同性カップルを「結婚に相当する関係」と認める証明書の発行条例案を総務区民委員会で賛成多数で可決した。31日の本会議で可決、成立する見通しだ。時事ドットコムなどが報じた。

 47NEWSによると、同性カップルがアパート入居や病院での面会を家族でないとして断られるケースが問題になっていることを踏まえ、渋谷区では区民や事業者に、証明書を持つ同性カップルを夫婦と同等に扱うよう協力を求める方針だ。自治体が同性同士をパートナーとして証明する制度は全国でも初めて。本会議で可決されれば、4月1日に施行される。
 画期的な取り組みだが、自民党本部の「家族の絆を守る特命委員会」では、条例案の適法性に疑問の声が上がったと、朝日新聞デジタルが報じている。事実婚との関係から「同性間だけにパートナーシップを認めるのは異性愛者差別ではないか」との意見も出たという。