くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

ああ、サクラ・さくら・桜。

 には皆さんいろいろ思うところがあると思いますが、筆者にとっては家族との思い出が強い花の木です。

 さて、既に関東では『サクラサク』の吉報が報道されていますが、いよいよ名古屋でも今年の満開時期を迎えようとしています。

 そこでご存知の方も多いとは思いますが、筆者としては初の『桜まとめ』をして、来る春を迎えようと思います。

f:id:kromaryu:20150321231637j:plain

 

 梅から桜

 かつて古の日本の花は桜では無かったようです。
倭の時代から日本へ移ろうとする奈良~平安期にさかのぼりますが、そもそも奈良時代には梅を愛でる文化が中心だったのが、平安時代に移っていく間に奈良・平安京一帯に一気に広まったところから物語は始まるようです。

吉野の里
 紀伊半島の中央内陸の吉野地方の桜が、当時の桜木の供給地だったとか。
嵯峨天皇に見初められたのをきっかけに、花宴(かえん)で目の保養に流行。
 東山の桜として今も名残を残すなど定着し、雅な天皇・貴族の寵愛を受けた桜は、梅と共に宮廷や屋敷に流行として京の都を彩りました。

 時の人たち、
藤原定家の御所に侵入、枝を持ち帰る。珍事、
藤原利家の歌、
中宮彰子の奈良の桜独占に僧侶と抗争。事件や、
源氏物語小野小町の歌に残される、
など、日本文化を創設に関わった貴族達によってこの時代に桜の地位は高まります。

醍醐寺の枝垂桜

 豊臣秀吉が700本の桜をわざわざ植えさせ、史上最大の花見のテーマパーク、総費用は今の時価にしてなんと39億円!
庶民上がりの秀吉によって、バブリーではありますが、一般的になる切っ掛けとなるました。

桜の品種改良
 かなり時は過ぎますが、本格的な普及は8代将軍徳川吉宗まで待ちます。
吉宗が敢行した『享保の改革』の際、

隅田川堤(向島)・飛鳥山(王子)・御殿山(品川)
などにサクラを植樹させて広めたのが始まりのようで、流石将軍肝いりの事業だけあって、これをきっかけにこの時代に桜の品種改良が盛んにされ、日本全国に広まります。江戸文化=桜文化ですね。

運命の危機
 明治時代、文明開化と言われた時代は桜の受難の時代でした。
西洋文化を取り入れようとした明治政府によって、庭園・大名屋敷取り壊し、洋館へ。それと共に、桜の品種も切り倒され絶滅の危機に晒されます。

しかし、植木職人たちの努力で奇跡のV字復活、く~っつ。
 庭師高木の記録『桜花集』には84種類桜品種の名前が名を連ねます。
荒川堤防に桜並木を。清水と高木、船津の『櫻品記』に試行錯誤の記録があり、10年を超える長い試行錯誤と惜しまぬ努力によって、明治34年、荒川堤の桜並木78種3000本以上の多色桜並木、当時『五色の桜』と称され天然記念物にも指定。

さぞかし、美しかったでしょうね。

 その後はその意志は受け継がれ、各地の試験場、園芸学校へ伝承されます。
そして、今も語り継がれるく~っつな話。
ワシントン州ポトマック川の桜並木となる桜が、明治45年日米友好の印として送られます。

 しかし、その後不幸にも 太平洋戦争戦争では日本の桜は冬の時代を迎えます。
戦時の資材不足のため、たくさんあった桜の木は、格好の燃料として切り倒され瀕死の状態。

 ところが、戦後日米関係が戻って来ると、なんとあの桜の木が奇跡を起こします、アメリカ政府から、ポトマック側に植えられた桜並木の枝が提供され、日本へ里帰りします。
 これによって、日本の桜は再び日本人の精神・心を代表する木として世界に知られるようになったのです。

 

 しかしこの春、残念な話の記事がこの時期を意図してか、韓国メディアより主張されたそうです。


サクラの起源は韓国です! 世界の認識は「日本の木」・・・正していく努力が必要だ=韓国報道:サーチナ 3月26日(木)8時27分配信 桜の開花を迎えた韓国で、今年も桜の起源を唱える記事が報じられている。韓国の済州特別自治区道が発行するハンラ日報は9日、米国のワシントンに咲く桜は日本から送られたものだが、実は済州島が原産地だと伝えた。

 

  仰るとおり、そこに従来自生していたのは事実でしょう。

 ただ、日本人は古くからその木や花を愛し、わが子の様に大切に育てた。
それは桜を通して、日本人の誠意と努力と精神を代表しているのです。

 アメリカに渡った桜の木の話は、日本人の思いが理解された証なのです。

 仮にそれが梅であっても、他の木であっても(ありえないでしょうが)日本人の心を伝えるものであって、後先や権利の主張というのは少し違う気がします。
 面々と続いてきた、桜と日本の繋がりはその位では、ゆらぐことは無いのです。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150326-00000038-scn-kr

headlines.yahoo.co.jp