くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

コアラ”王国”=名古屋?

 筆者が以前投稿しました豪地方政府によるコアラ「間引き」事件?を皆さんはいかがお感じになったでしょうか。
単にかわいいから殺してはいけない、という短絡的な考えでモノは言いたくないですが、現地でもコアラやカンガルーの人間との軋轢が起こっているそうですので、簡単な問題ではないでしょう。

 さて、現地ではそんな境遇のコアラですが、名古屋ではご存じの通り幸せに暮らしてもらっています。

f:id:kromaryu:20150307152555j:plain

これは、名古屋市シドニー市をはじめ、ロサンゼルス市・メキシコ市・南京市およびトリノ市の5都市と姉妹友好都市提携を結び、人物、文化、教育、スポーツ、経済、技術分野において交流をしていますが、オーストラリアのシドニーとも下記のようなさまざまな交流実績があって今があるのです。

名古屋まつりへの参加
名古屋市立高校生の海外派遣事業
名古屋シティマラソンシドニーランニングフェスティバルとの姉妹マラソン提携
・大学間交流
・東山動物園とタロンガ動物園との姉妹動物園交流


 そのタロンガ動物園との姉妹動物園交流の一環で、コアラは親善大使として30年前に来日してきたのが最初です。
筆者も当時のことは覚えていますが、寄贈されたコアラ館の前はコアラ見たさに、それはそれは長蛇の列ができたものです。
もう30年以上もたったんですね懐かしいです、そして現在までに入れ替わりはしましたが、東山のコアラは6匹で雄は高齢の1匹しかおらず、2010年11月7日に姉妹都市提携30周年を記念し3歳の雄のコアラ「アーチャー」が寄贈され、彼の来園で名古屋コアラ帝国は繁殖が期待されるに至ったのでした。

 コアラに罪はございませんからね。
今日は、週末ですからお時間あったら是非東山動物園のコアラ館へ足を運んで、ご家族で話し合ってみるのもよいのでは?


シドニー名古屋姉妹都市委員会
http://nsca.gr.jp/sistercities/sydney/nagoya.html

姉妹都市提携30周年を記念式典の参照記事:
http://mytown.asahi.com/areanews/aichi/NGY201010250040.html
概要:
 タロンガ動物園は、シドニー郊外のモスマン市にあるニュー・サウス・ウェールズ州立動物園で、1916 年に開園しました。東山動物園とタロンガ動物園は、名古屋市シドニー市の姉妹都市提携を機に交流を深め、1984 年にはタロンガ動物園から東山動物園へ日本で初めてとなるコアラが贈られました。そして1996 年に両動物園は、姉妹動物園提携を結びました。タロンガ動物園からは、2010年に贈られたコアラのアーチャーを含め、現在までに計14 頭のコアラが東山動物園に贈られています。
30年前のコアラ来園に大きく関わったオーストラリアタロンガ動物園の関係者などをお招きして、10月17日にコアラ来園30周年記念式典が盛大に行われました。
式典終了後、オーストラリアタロンガ動物園から、コアラ来園30周年を記念して寄贈いただいた「ティリー」も一般公開して、かわいい姿をお客様の前に見せてくれました。

名古屋姉妹友好都市協会
〒460-8508 名古屋市中区三の丸三丁目1-1 名古屋市市長室国際交流課内
TEL:(052)972-3063 FAX:(052)962-7134