くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

【NAGOYAオートトレンド2015】いよいよ開幕“名古屋流”カスタムカーの祭典 2月28日・3月1日

名古屋ポートメッセは、名古屋の代表的なイベントスペース。
東京で言えば、幕張みたいなもんですね。
ここでは頻繁に色んなイベントを催していますが、
筆者は例に漏れず車は大好きです。
 
今回のイベント紹介は
車業界の今年のトレンドを占う大イベントですよ。
今年デビューする、新型MAZDAロードスターなどのお披露目ブースもあるとか。
写真によると、カスタムカーメインの様ですが、この地域はトヨタ自動車の本社や、三菱自動車主要工場が岡崎に、また少し離れていますがスズキ自動車が浜松市にある様に、自動車産業が活発な地域でございます。
 
先にブログったMRJ(航空機)でも注目される新産業と合間って、地元を盛り上げてほしいものです。
是非一度ご覧ください。
 
以下より抜粋
 
NAGOYAオートトレンド2015

f:id:kromaryu:20150228110007j:image
 
2月28日・3月1日の2日間、名古屋港ポートメッセなごやでカスタムカーの祭典「NAGOYAオートトレンド2015」が開催される。
 
今回で18回目となるこのイベントは例年、東京オートサロンのあとを受けて行われるもので、ポートメッセなごや全館(1・2・3号館)を使って開催される中部地区最大のカスタムカーショーだ。
 
カスタムカービルダーはもちろん、トヨタダイハツマツダ富士重工ブリヂストンといったメーカーをはじめ、地元ディーラーや自動車専門学校まで、バラエティーにとんだ出展社が自慢のカスタムカーを展示する。
 
今回の注目としては、マツダが新型の『ロードスター』や発表されたばかりの『CX-3』を出展する他、ダイハツのブースには新型『コペン』のカスタムカーがズラリと並ぶ。またスーパーカーや歴代スカイライン、ラリーカーなど、こうしたイベントではお約束のクルマが並ぶコーナーも用意されている。
 
今回は1号館内で、名古屋サイクルトレンドと銘打たれた自転車イベントも同時開催されており、クルマ好きだけでなく、自転車好きにとっても気になる2日間だ(写真は準備が進む会場の一部)。
 
両日とも10時から17時まで、入場料は大人2000円、小学生800円。主催はテレビ愛知
《水野誠志朗@DAYS》