読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろま流 × NAGOYA式 ブログ

名古屋在住者の視点から地域産業・観光を通した活躍を応援。

街づくり

地域多様性のシンボル、郷土メシの強み

名古屋メシと最近盛んに売り込んでいる郷土ゆかりの人気飯グルメですが、その地域の特色が色濃く出る給食でも、配給されるニュースをみました。 そこで今回は、誰もが愛してやまない郷土メシが、これからどのように進化していくのか?を見て生きたいと思いま…

ナゴヤはどえりゃー街を目指すの?

「なごやめし」が楽しめる 名古屋城前の新名所「金シャチ横丁」起工式 来春にも開業 | JAPAN style 訪日ビジネスアイ j.sankeibiz.jp 4月の名古屋市長再選挙で、河村たかし前市長が再選されたことで、名古屋市は2020年に向けて東京で言えば小池東京都知事と…

外国人が増えた、と感じるときにどうしますか?①

中国人観光客で今度は、飛騨古川町が爆買に晒されているようです。 この現象は、先のデパート量販店での爆買ブームにあったような、市場の疲弊化を生まないかと気になる話です。 『君の名は。』聖地に“リア充”中国人集団が殺到中 | 文春オンライン bunshun.j…

東京というダントツ優位な市場から学ぶ②

わざわざ知らない町に行かなくてもいい。愛知県津島市をgreenz peopleのみんなで、歩いて感じて、見えてきたこと。 | greenz.jp | ほしい未来は、つくろう。 greenz.jp 東京は言うまでもなく私たちの住まう国の首都であり、政治経済の唯一無二の実験的なマー…

地方創生が美辞麗句になっていないか、中間チェック

日本でも、新しい産業市場への門を開こうとする動きがさまざまに始まっていて、海外先進国や途上国からの日本品質への期待も高まると思われます。 その期待に応えるためにも、今まで国内市場でしか出回っていなかった産業技術を、私たちは積極的に海外にアピ…

肌で感じるマーケットとターゲット

前回につづいて、外に飛び出して肌で感じた、日本と違ったマーケットの見聞ネタで記事ります。 しばらく日本を出ていなかった筆者にとって、ネットショッピングの普及での利便性向上は、ありがたい一方で、海外メーカーの直接商品に触れて買えない事へのフラ…

名古屋って、福祉の満足度結構良いんじゃない?

ニュースなど世間で、貧困による教育格差が激しいだとか、高齢化社会化でお一人様が孤独死したり、子どもを保育園になかなか入れられない待機児童が問題になっていますが、国は経済の安定化を優先させる政策が目だって、私たちを不安にさせたりします。 国な…

地域なう、ちかごろの創生はこんな感じ

新潟県でアウトドアの普及を進めている、キャンプ用品大手のスノーピークは2月に、資本金は5000万円規模で自治体を対象とした、地方創生に関するコンサルティング業務を行う100%子会社を設立すると17日に発表しました。 コンサルティング会社起業の主旨は、…

はやる実証実験に見えかくれする恩恵とリスク

一年前の今頃書いたアーカイブの通知を省みて、負い続けるテーマのひとつである「地域産業」の取り組みの変わりようを見ていきます。 kuromaryu.hatenablog.jp ここ数年あたりから、次世代の環境への準備となる動きがニュースとしてふえてきており、いわゆる…

観光面でのインフラ整備って遅れてるの?

東京オリンピック開催に向けて、国内の観光立国化への準備をすこしずつ進めている各自治体ですが、今年2017年はその準備の片鱗がいよいよ具体的に発表されるべき時期なのかもしれません。 愛知も既存の公共移動インフラの改善を図る動きを見せているもの…

ついにLRT・BRT 次の一手、動くー?

名古屋市内は戦後整備された広い道路の上に加え、特に繁華街の名駅・伏見・栄 の東西ラインエリアや、南部の金山などへの交通アクセス向上を、リニア新幹線開通前に整備しようと工事計画しています。 特に名駅東西エリアは、リニア新幹線への乗降では直接ア…

次世代教育と経済成長、どちらも譲れない

NHKの大河ドラマ「真田丸」終わりましたね、次作である「女城主 直虎」は女性が主人公の時代劇のようですが、大河ドラマでの地域おこしの良い流れになってきましたので、女性活躍が期待される今年の大河ヒロイン、そして地元活性につながるように、大いに期…

「行きたくない街1位」か「どえりゃー世界都市」のデッド・オア・アライヴ

名古屋城の空堀には鹿の親子が住んでいると言う話は聞いたことはありましたが、今月天守閣工事準備に向けやむ無く一時保護となったようです。 確か飼ってる訳では無いので、鹿としては大きなお世話かもしれませんが、動物保護の観点では当然の措置ですね。 …

城観光でやってはイケない事?or NOT ?

耐震性不足 による修復で、入場制限のかかる名古屋城ですが、木造復元の完成時期でもめており、市長が提案した2020年で経済効果MAXだったにもかかわらず、名古屋市議の反対と自公民の物言いが益々足かせになりそうです。 名古屋城天守閣の木造復元事業の…

名古屋の魅力ナウ。秋冬のエキ東は捨てがたい

河村市長、愛知県の施策に負けずに面白そうなテストイベント始めるようですね、愛知県と名古屋市は、本格的に戦国歴史で観光整備に乗り出すつもりです。 じゃあ、名古屋城木造改築しないと。 www.nagoya-info.jp 年末せまるクリスマスイベントたけなわですね…

メイエキ順調、サカエの開発は?

いやぁ、まずは筆者の世代ともなると、なんとも懐かしくウレシイ話題を紹介したいと思います。 mainichi.jp 新しい社交の場に進展してほしいものです。 さて本題です。 名駅(メイエキ)周辺開発ニュースには枚挙ないよう ですが、その東側エリア伏見や栄(…

地域の盛り上がりが少し見えてきた

街づくり に重要なのは、課題は身の回りにあって、住まう人たちが問題を共有する事が 大事 だと以前書きましたが、それを地道に実践されている記事を見つけたので記事利ます。 「課題の共有」が住民に認識 してもらえているか、について配慮された活動は重要…

ただ住むことと、ちゃんと生活することの違い

一極集中させるより、在宅勤務化を整備すべきなのに、労働者を使い捨てするかのように、企業はより仕事中心生活へ、世の中はワーカーの住む選択肢を狭めているように見えます。 toyokeizai.net 引っ越しの延長との違い もともとあった田舎生活への憧れで上京…

まちの魅力アップのエッセンス vol.2

前回に続き同テーマの2回目です。 観光は 本来元々在る施設を利用して人を呼び寄せる活動ですが、起業や資本が 関係してこれば、予算は潤沢となっても地域の特性は薄くなってしまいます。 いかに限られた予算で魅力をアップするかは、まさにご当地に在る自…

 まちの魅力アップのエッセンス vol.1

2回に渡って、人が地域を魅力に感じるポイントについて記事ります。 その1回目は、「地域の魅力を知る」ために、地域に住まう人たちはどのような活動を始めたらいいのでしょうか。 もう何年も前から商業や観光施設は、 集客力のある地域が条件だと刷り込ま…

メイテツって……イヤ優良企業ですよー、ええ。

「メイテツって、どうなんですかねー」 「赤い車両の鉄道はカッコいいんですけど……ねぇ」 東京の西武や東急、大阪の阪急のように、地元愛知のテッパン鉄道会社と言えば、通称「メイテツ」名古屋鉄道ですが、筆者はじつはメイテツってなぜか嫌いなんですね。 …

防災意識を高めるには、何度も刷り込むしかない

以前、東京防災というガイドブックや、名古屋の防災アプリの紹介をしましたが、どうしても政府や研究機関の予測や動きは、あさっての方向へ行ってしまい結果的に、危機感をあおっているだけに終わっています。 建物を建てるというリスク 各自治体で配布され…

アイデンティティとアドミッション、お郷の役所がトンデモない……地元愛?

愛知県起こった毎年の伝統行事のなか、火縄銃の暴発事故で行事は中断されました。 けがをされた方はお気の毒ですが、行事は今後も続けてほしいものです。 こうした伝統行事は地元愛を表す一つの形ではありますが、名古屋市の不人気さがあちこちであがると、…

名古屋らしさは芸能・芸術の街、住みやすさとエンターテインメントの調和をめざそう

筆者の名古屋のイメージは、緑の多い住みやすい街と、芸術・芸能が豊かな街であると、昔からぶれていませんし、それが名古屋の素敵なアピールポイントだと思っています、だから名古屋に住みたいと思ったのです。 名古屋市を含む愛知県が、観光都市として見直…

民泊戦線を切り抜けろ。東京オリンピックまでの取り組み

地球の裏側で大団円を迎えた、リオ・オリンピックも終わり、日本では4年後の東京オリンピック目指し、外国人訪問者による観光人口の増加に備えて、受け入れ態勢の準備が本格化しています。 政府は、一般の宿泊施設ではすでにその受け入れに支障がでると試算…

熊本城復興400年の歴史、25年かかっても威光を取り戻す

熊本城は400年の歴史があるそうです、その城への思いは震災によってますます堅固なものとなっていますが、城への思いは名古屋でも城のエンターテインメントとして表現されています。 日本の歴史観光を取り扱っている地域の、観光客へのアプローチはさまざ…

甲府が裏路地からまちおこしと東西・南北の地域動線ブレイクスルー

さまざまなきっかけによって、地域起こしの工夫はされていますが、都市部近郊地域の町おこしは、どのようにすすめられているのでしょうか。 街おこしはどこから始めたらいいのかを考える上で、得意分野を伸ばすといった発想や、災害に遇って多くのインフラを…

テンション下がる!地域起こしの実態

バングラデシュの飲食店襲撃事件は、悲劇でした。日本人だ、撃つなという言い訳が利かない=日本ブランドの神通力は届かず、国際市民の一人でしかない事実を突き付け、亡くなられた方はその犠牲者となりました。 本題の前に、若者は海外に得るべきと進言して…

路線価下がると、地方の価値は相対的に下がるのか?

全国の土地の価値基準を定める路線価が今年も公表されましたね。 今回は人口減少から地域の価値にまつわる、特に不動産などの地域に眠る土地活用をテーマに記事ります。 東海3県の土地路線価は近年下がっていいましたが、本年は愛知がようやくプラスで岐阜…

刀禰(とね)さんも働く日本最大級、名古屋港ふ頭のお仕事

地域創生には、計画をする人もいれば計画にそって働く人もいますが、夜景が美しく夜の観光も人気な名古屋の「名古屋港」ですが、今回は物流の要の一つ船舶物流の拠点ふ頭での働きぶりを見てみます。 筆者のような陸上で働く人間には普段馴染みのない港、そこ…

地域創生のキッカケのカギを握るモノづくり

参院選公示されましたね、皆さんの自宅にも選挙のお知らせ届きましたか?今年から18歳以上の未成年者も選挙参加して活性化が期待できそうです、成人も押されないように投票に行きたいものですね。 さて、地域創生のカギを握るポイントを過去2回ほどで記事…

海外進出の成功は、周りとの調和と洗練されたデザイン「なも研7」:二部作の②

愛知県はトリエンナーレという、広域芸術活動を続けていますが、今回も計画が着々と進行しており、産業文化の国際展開におおきな貢献をしてくれそうです。 前回に続き、第2弾は街づくりに欠かせない産業面での記事です。 もともと芸術には力を入れており、…

グローバルトップ企業トヨタが、企業改革を止めないワケ

世界の自動車市場は次のステップへ移ろうという動きが水面下で始まっている中、業界トップメーカーだからこそ身に染みる自動車業界の危機感を、トヨタ自動車の動きで私たちは知ることができます。 トヨタ自動車は、言わずと知れた日本が誇る自動車技術開発の…

梅雨はらいと伊勢志摩あやかり三河ざんまい「なも研6」

5月末は23日から軒並み30度超えの猛暑日が続いていますね、熱中症ご注意を。 さて伊勢志摩サミットまもなくを迎えるわけですが、だから伊勢志摩ではなく一緒に楽しめる、いやいや伊勢志摩断念した方が楽しめる?話題です。 【view 写】三重県・賢島…

 生活に潜む落とし穴、減らない風評被害を拡散しない配慮。

東北震災の際に福島原発から流れた放射能による農作物や魚介類の汚染について、忘れてはならないキーワード「風評被害」。 生活に潜む落とし穴、減らない風評被害について考えます。 福島にしても熊本にしても、地震被害で一番のダメージを受けているにも関…

レゴ・ブランドのインパクト、名古屋で来年4月1日開園発表

伊勢志摩サミットの警備強化で地域観光自粛ムードの中、今週末東海の明るい話題と言えばテーマパークネタ、名古屋レゴランドの話題でしょう。 中国でも、上海ディズニーランド開園と大きな話題の出る中で、レゴランドジャパンが来年4月1日開園決定と、記念…

名駅周辺の変わりようは、名古屋の次世代街づくり挑戦の姿

メイエキ・名駅・名古屋駅東(西)口が、どんどん進化しています、出かけていくたびに次々と変わっていくのには驚くばかりです。 こんなきれいな夜景が見える通称「名駅(メイエキ)」こと名古屋市中村区名駅1丁目周辺の、JR・名鉄名古屋駅東側(駅ひがし)…

緊急避難の虎の巻を手に入れたい

仕事をしている人、学校で勉強している子どもにとって、せっかくの休みくらい好きなことしたいのはやまやまですが、地域内で災害が起こった時の避難経路もうチェック済ですか? ここ、10年来には地震・津波などの自然災害や、火災・放射能漏れなど人災にか…

東海も人ごとでない、日産の三菱買収発表とグローバルな業界の動き

最近緊急の話題が、多くてなかなか得意なテーマで記事れないですが、またまた今回は、ご当地自慢の自動車産業での大騒ぎと地域の影響について触れずにはおけません。 自動車業界で、トヨタ自動車や日産自動車が決算下方修正をを発表して、自動車業界の暗雲を…

日本の大型公共事業は無くなり得ない永遠テーマ。「なも研」5-②

書きたいことが長くなってしまったので、二回に分けました。それでは前回のなも研第5弾の後編めです。 その前に、近況のニュースからです。 それまで緊急避難所になっていた学校を空けなくてはならず、またの移転を余儀なくされていますが、ようやく小中学…

観光地のバロメーター。観光・グルメMAPが命っ!

こどもの日、いよいよ大型GWも大詰めを迎えてきました、みなさんはいかがお過ごしでしょう、さて今回は地域の観光・グルメなどの便利マップについてです。 初めて訪れる観光地を可能な限り効率よく回って楽しみたい、そう思うのは人情だとは思いますが、ここ…

 震災のたびに原発によるリスクを考え直す苦難

原子力発電の是非について、特に東北地方での津波震災後の政府や東電の対処の誤りや遅れで、起きた被害拡大や風評被害で立場に関係なく議論されてきました。 原発の是非については、今でもそして今後も活発に議論が勧められるべき案件ですが、反対派はもちろ…

震災での自動車産業・道路交通網のピンチはチャンスになる?

東北震災から6年、新たに九州中央で震災を加えて、交通網の確保がなかなか出来ずに、支援物資の運搬などの復興作業に支障をきたしていますが、今後の希望を見出すためにもインフラ整備を前向きに考えます。 今当に直面している九州中央部の地震が未だ連続し…

熊本阿蘇の震災。福島東北の惨事6年目、東海も他人事でない。「なも研4」

4月14から連続して発生した熊本県阿蘇地域を震源とした、内陸地震の被害は想像したより甚大であり、被災された方・遭遇された方々には少しでも早く通常の生活に戻れることを祈ります。 なもなも研究所「なも研」4回目は、地震災害がテーマです。 布田川…

大須やゴールデン街、外国訪問客に人気の古い歓楽街を護りたい

商業防災 東京オリンピック・伊勢志摩サミット・地方創生に向けての観光産業の盛り上がりが順調だった中、名古屋と東京で連続して起きた火災は、訪日外国人にも評判の高い商業地の問題を浮き彫りにしました。 外国人観光客に人気の古くは戦後から続く日本庶…

シャープ買収から学べる、日本のモノづくりに必要な根幹とは?

今回は、日本のモノづくりとこれから国際企業国として、進化発展するために必要なポイントについて記事りたいと思います。 日本のモノづくり必要な下地は、高い生産・管理技術に支えられて、成長してきましたことで、海外の影響を良くも悪くも受けることなく…

名古屋の人には空気のような存在のテレビ塔

今回は、ご当地のシンボルであり、ベンチマークでもある名古屋・栄に今もそびえるテレビ塔に、ようやく触れます。 良くある話だとは思いますが、ちょっと言い訳がましく言えば、名古屋に住んでるのに、この塔に上ったことが無い筆者ですが(厳密には子供の頃…

WBS3/24の列島縦断日本興隆 「関西・中部」にスポット

国内観光の利便性向上は、訪日客向けの手ぶらサービスが各大手で開始されたとWBSで報道されていました。 ファミリーマートと日本郵政がホテル近くのコンビニで受け取りのサービスに参入。 ANAとヤマト運輸も、先月から旅客機と合わせた実験開始 ゴールデン・…

名古屋の戦争跡を残す二つの資料館 ピースあいち編

前回の公設資料館、愛知県庁大津橋分室に続き、今回は私設の戦争資料館です。 駐車場は、館前2・3台まで停められそう(有料) ピースあいちは、公設が本来担うべきポジションを担ってきました。 名古屋界隈でも市内に、二つの戦争資料館が在りますし、博物…

名古屋の戦争跡を残す二つの資料館 愛知県庁大津橋分室編

おおむね、名古屋のサクラは満開を迎えた印象で、今朝様子見に筆者が立ち寄った、昭和区の鶴舞公園は、春の香りが心地よく朝から花見会場は、すでに場所取りにいそしむ人が目立ちます。 そう思って、帰宅してニュースを見ると、福岡を筆頭に東京・名古屋など…