くろま流 × NAGOYA式 ブログ

地域産業・観光を広い目線から、東海・名古屋あるあるをリサーチ。

郷になじむ備えも一緒に、田舎暮らしへGO!

地方の人口が減っている一方で、都市部から地方へ移住する関心も高まっているようで、実際に移住する方も増えていると聞きていますし、人口の都市集中化への、利便性がよりもその煩わしさの方が、我が人生にふさわしく無いと言うことかも知れません。

筆者もその傾向は好ましいと考えていますし、元々地方出身の人なら原点回帰したい気持ちもよく分かりますが、以下の記事のように移転して万事が上手くいくわけでは無いのですから、可能な限り生活面に関わる仕組みやルールは確かめ納得ずくで移転したいものです。

 

gendai.ismedia.jp

地方への移住者が苦悶する「ゴミが出せない」という大問題(佐々木 俊尚) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

 

人口過密都市の一番の煩わしさは、皮肉な事に人が多すぎて自然が少なすぎること。

その結果降りかかる過度なストレスから開放されたい気持ちは理解できますし、そこへ来て週末の田舎体験で感じた開放感で、すっかり田舎暮らしに気分がトリップするのもよく理解できます。

 

最近つとにメディアでも盛んに特集を組むので、移住計画を実行するのがブームになっている感がありますが、単にその勢いに乗って移住して後悔されたのでは、本末転倒ですし、とくに単身者の方は障害も少なく決断を下しやすい分、慎重に事を進めてほしいです。

家族で移住を検討される方は、単身者にくらべて条件が複雑になりやすいので、いざ移住しても満足度は高いでしょうが、せめて移住に必要な条件や自分のライフサイクルに合わない点だけは、各自治体サイトや直接確かめておきたいです。

 

それでもいざ移住してからしかわからない事は多々あっても、数日宿泊したくらいではわからない事もありますので、一時の相性だけで判断せずに、せめて移転後にどうやって収入を得るか準備した上で、移転しましょう。

また、せっかく移転候補地を視察されるのであれば、その周辺地域にも目を向けるのも手で、意外に候補地より条件が合うチャンスも増えるので、ぜひ実行してください。

 

また、移転計画の情報収集にはその地域のニュースや自治体情報などを、ネットで、キーワード検索しておきたいですし、日本は四季があるのでできれば1年分くらいは閲覧をおすすめします。

とくに移転先に人脈などのつてが無い方は、より自分に必要な情報はくどい位に収集したほうが、移転後の納得度も上がり満足できるセカンドライフが楽しめるでしょう。

「海水の真水化」にまつわる、日本・世界の思惑と標準化

最初に、度重なる災難に日々の生活もままならない方々への思いと、惜しくも亡くなられた貴い命に、それでも乗り越えようとされるその強い意志と地域愛に敬服すると共に、一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

先の西日本豪雨による災害復旧において、真夏の炎天下での作業とそれにも増して難儀な生活を続けている住民の方々にとって、飲料水は基より生活水の調達は想像以上に生活への負担を増す大きな要因になっています。

多くの方の疑問に、下記事のような海水を真水化する技術の導入を急ぐべきだとの声が多かったと思いますが、数年前には技術的にも実用化もできていたこの装置の導入がこの期におよんでようやく導入されたかは、今後の災害時対処の課題になるでしょう。

 

news.tv-asahi.co.jp

海水を真水に変える装置が登場 広島・三原市

 

水といえば、地球上の生きとし生けるもの全ての不可欠なものですが、それ故にその利用のされ方は複雑な様相を呈しています。

日本では国土の地理的条件によって、天然水は豊富で無尽蔵だったために、私達の認識は「あって当たり前」であり空気のような存在でしたが、いざ国外に目を向けると水は利権や勢力争いを生む「聖杯」の如きパワーツールであることを、思い知らされるのです。

 

その水に関わる勢力図によって、いよいよ水の大国であった日本もその影響を受けているのを、ご存知の方もいらっしゃることと思いますが、私達はこうした災害を通して水(真水)のありがたみを知るだけでなく、今一歩海外に目を向けてそれに関わる世界での水の実態を知る必要があるでしょう。

例えば世界では、水を牛耳る企業が存在し概ね大手数社が独占していることや、日本国内でも中国を始め世界の水関連企業が、良質な天然水を狙って山林の買収をしているなどの実態が普通に存在します。

 

昨年までの景気後退で負担となっていた山林の地主や自治体が、管理負担の大きさから土地を売却するケースが目立っていると言われる中で、さらに最近連続する山林起因の災害や天災によって、ますます私達の森林保全のモチベーションは、マイナスにかつ投げやりになっている点は、将来の日本にとってとても危険なことだと認識できるかは、とても重要なことです。

陰謀めいた表現をすれば昨今の地震や台風災害は、意図的な災害によって国内の森林の価値観を、私達から形骸化させる「見えざる手」による意思でも働いているのでは無いかと勘ぐりたくもなるほどです。

 

実際に人工災害の可否は置いておいて、連続する天災による私達のモチベーション低下は確実に進行していて、ここで現実に耐えながらも広い視点で考えなければならないのは、商工業が主役となる現在の日本において農林水産に関する資源は、軽んじられやすくなっている空気への危機感に他なりません。

こういった災難時だからこそ実感する自然の怖さを知るのも大事なのですが、それと同時に当たり前にあった水を始めとした自然からの恵みやその価値を、同時に私達は見直し優先化させていくのが、高度経済成長や先進国の地位甘んじてきた日本において、最も高いハードルになるような気がします。

 

このような有事からの復旧の最中に、安穏と生活する筆者が言えるものでは無いのでしょうが、それどころでは無い方々に強いると言う話ではなく、こうした災害を見守る者達の大切な目線として、それでも日本の山林を捨てずに苦しみながらも共生していくと言う、日本に生まれ生きていく人々の覚悟を、決して忘れてはならないし、後世にきちんと引き継いでいくことが、これからの日本が世界から見ても日本たらしめる、重要な意味を持つと考えています。

 世界で繰り広げられる、死にものぐるいの水資源争奪戦は、自然からのしっぺ返しを食らっている私達には遠い話に思えるのが現実かも知れませんが、真水生成システムの普及は、世界の大いなる意志からの障害を少なからず受けるでしょうが、せめて国内の有事には好きなだけ活用できる仕組みは、国策としてでも最優先で防災システムで標準化して欲しいものです。

地域ブランドは、1日にして成らずじゃ。

一見わかり切った常識は、往々にしておざなりにされていることが多く、相当に意識していかないと実行が困難なだけに、再認識の思いを込めて記事リます。

地方創生を実現するのに忘れてはならない究極の目標は、ローカルブランドの確立にあると思いますが、あまりに総括的過ぎて一言で地域価値を創るとはどういうことなのか、わかりにくいテーマですよね。

 

tanosii-kamakura.jp

鎌倉にあります!しかけ絵本の専門店[メッゲンドルファー]|楽しい鎌倉

 

例として京都が1番わかりやすいと思いますけど、明治以降天皇が東京へ移ったことで、本来の首都機能を逸した京都が、危機感をもって観光都市としての新しいブランド化に苦労した結果の姿だったことは、以外に知られていないようです。

歴史的史跡が豊富なだけに、労せずして当たり前の姿だとスルーされそうですが、実は当時パリ万博の世界的認知度に早くから注目して、商人を中心に出展攻勢をかけ、その努力の結果ヨーロッパを中心に注目されるに及んだというのが、今ある地位の経緯なんだそうです。

 

このエピソードに潜む、地方創生や地域ブランド成功の青図が多分に含まれていて、この身近なサクセスストーリーには、街づくりを担う人々が忘れてはならない奥義を見逃してはならないと思います。

残念なことに、古くから住まう地場の人でさえ、愛する地元の正しい歴史観を継続するのは難しい現実があるものの、だからといって商業的な利益優先で都合の良い歴史文化で埋め合わせるのは、地域ブランド創造の面では問題を複雑化させるだけでしょう。

 

上の欧州にしても京都にしても、歴史文化は残るものではなく残してきたもので、自然に作られたものではないのであって、歴史は人の努力の行動の軌跡なのだと、つくづく思いますし、良かれ悪かれその事実をできる限り正確にトレースすることが、とても大事だと考えます。

様々なエピソードの中にこそ、地場独自の面白さや人を引きつける魅力が含まれるのであって、表面的な解釈では決して浮き彫りにされないと、私達は自覚した上でまちづくりを構成していかなければ、人は興味を示してくれないのです。

 

確かに鎌倉の成功事例には、東京というマス人口を抱えるアドバンテージは少なからず影響力がありますが、地政学的な面を言い訳にしても本質から目を背けることにしかならないので、むしろより遠方だからとか人が少ないから映える良さを目立たせる方法を探すべきでしょう。

今秋に至って、政治の便宜上始まった地方創生論は、これを始めた自民議員の再論争というステージに進んでいますが、その結果に左右されるまでもなく、地域に住む私達にとって、政治に振り回されない自覚が大事だと思ってます。

 

日本人としてまとまることも大事なのですが、こんな狭い国土の中でも、世界のそれに違わないほど多様な歴史文化を抱える地域文化には、海外から訪日する外国人にとって、好奇心尽きないアメージングワールドであり、それを活かすことは彼らの興味をより刺激していくでしょう。

地方の大枠協業によって地域独自性を高めるヒント

前に地方自治体の協業スタンスについて記事りましたが、地方創生はずみをつけるのに重要な要素として、その地域に住まう住人の意識改革が挙げられます。

私達の中央依存の意識を住んでいる地域の住みよさへ、少しづつ変えて行くのは意外と言うは易し行うは難しで、時間のかかるものですが、未だに状況して巨大な商圏のほうが成功確率が高いと思う傾向が大きいですよね。

 

過去の統計や数字では確かにそれは証明されていますが、問題なのはこれからの成功事例について、政府は未だに過去の成功事例を基に施策を組み立てる事を続けていますが、太平洋戦争集結以降の経済成長の施策は、頭打ちになっていながら過去に固執するのは、むしろ危険な時期に入っています。

中央でさえそうなのですから、経済効果が目減りする地方が同じことをするのは、さらに危険なのは、目に見えています。

 

結局、今更ながらそれぞれがある程度の失敗するリスクを承知で、未知の領域を開拓していくことが、残された可能性になるでしょうから、既にその道へ進もうとする事例にアンテナを張って、地方から独自のまちおこしを実行していくために、その元手となる資産を共有し合理化を進める必要があります。

地方自治が基盤を改革していくことで、地域住民はリスクを取りやすくなり、地域ぐるみの協調意識を高め合う動きに繋がります。

 

www.tv-tokyo.co.jp

日本を知る、地域を考える@愛知県豊橋市:人と人とのつながりが強まれば、可能性が広がっていく...新しい訪問美容サービス~前編|テレ東プラス:テレビ東京

 

東京の礎となったかつての江戸が、田舎のいち部落から世界最大の商業年に短期間で発展できた事実は、世界でも注目が集まっていますが以前紹介した、明治以降の京都の観光都市化への取り組みが地域住民のたゆまぬ協業意識から始まったのを見るに、世界でも類稀な成功事例は、住民の地域愛とまちおこしへのモチベーションの高さが、いかに大事だったのかを物語っています。

いま、日本を追い抜こうとするアジア諸国の勢いを支えるのは、人口爆発の物理的要素の他に、日本でもまだまだ可能性が残された地元愛や愛国心という、一見煙たがられ易い基本的なスタンスがあってこそ、成功の可能性を広げる原動力になっていて、逆に私達はかつてのその思いを思い出してこそ、次の世代へバトンタッチしていけるのではないでしょうか。

駅が変われば、まちも変わる

観光をトリガーとした国内の移動手段の改善や補強が急ピッチで進んでいるのはとても喜ばしいことですが、あまり大きな成果を一気に実行するのは現実的でありませんが、実際地方でのそれは芳しくないのが現実のようですが、人材や予算がないならないなりの工夫で乗り切るという動きも待たれます。

都市部においては、インバウンド需要増大を見込んで、次々に設備の増強は進んでいるのですが、一旦地方に目を向けるとその勢いには疑問を呈しなければならないように見えます。

 

その理由として思いつくのは「限られた予算」や「人材不足」なのでしょうが、せっかくのチャンスをみすみす逃したくないと、誰もが考えているはずですから、そのためには今までにない発想の転換ができるかどうか、しかも国や企業に頼らない自立心をともなった改善が、要求されるでしょう。

 

観光を軸にしたまちおこしするちほうならば、駅を工夫すべし。

オフィス不足に、環境のよさと利便性をどうアピールしていくか。

過疎化で財政がひっぱくする前に行動を。

 

trafficnews.jp

西武新宿駅リニューアルへ 駅舎正面、改札外コンコース美装化 案内サインも整理 | 乗りものニュース

 

trafficnews.jp

新千歳空港の鉄道改造プロジェクトで何が便利になる? 30年ぶりに「復活」するコト | 乗りものニュース

 

国際化で見えてくる、乗り物のセキュリティ対策

 私たちが普段から利用している、国内の鉄道・バスなどの公共交通機関には、最近の地震続きでその安全神話が不安視されるシーンが続いているのは残念なことです。

加えて世界的に人口減少化での利便性と安全性の担保への改善は、日本を含む先進国での大きな課題でもありますが、このほどお隣中国のこのようなニュースを目にしました。 

 

trafficnews.jp

中国の鉄道駅にセキュリティチェックが導入されたワケ 空港とは「似て非なるもの」 | 乗りものニュース

 

 そもそも記事によるとお国による事情は異なっているにしろ、日本に置き換えても公共機関に絡む犯罪が話題になっている今、セキュリティと利用の効率化をより向上させたいのは変わりありませんが、その利便性と安全確保を両立することは相反するために、政府もまだ明確な方針を立てられずにいます。

一方個人レベルで気軽に移動できる自動車での移動には、下記記事のような奇策から順当な向上まで、環境対策の面からは公共機関の方が利がありながらも、進歩が進んでいるわけです。 

 

japanavi.hatenablog.com

自動車先進国、負けられないドイツ・EUの奇手 - japanavi

 

地味なところでは、自動車利用の利便性は着実に向上しつつありますので、どちらも両極端に便乗や切り捨てはできませんが、そろそろ国の事情によってはメインの取捨選択がされていくのは、人口減少の経済効果を考えると避けられない時期に入っているのでは無いでしょうか。

www.gizmodo.jp

AppleやSamsungと自動車メーカーら、スマホによる車のロック解除規格「デジタル・キー」実現へ | ギズモード・ジャパン

 

では、日本の場合はどうなんでしょうか。

政府が明確な方針は打ち出していないので想像の域を超えられませんが、日本は国土が狭いこともあるし、自動車の個人利用という市場も合理化されていく可能セガ高いように思われますので、高齢化に向かう利用者やモノ消費からコト体験重視への嗜好の変化を見るに、公共機関をベースにした交通設備の整備や自動車開発へシフトした方が、概ね幸せになれそうな気がします。

自動車好きの筆者としては寂しい気はするのですが、少しでも経済効率を良くして国外の経済戦争に立ち向かうには、自然な選択肢だと考えます。

 

こうしたながれによって、移動手段選択の煩わしさ(反対に言えば自動車所有嗜好の制限)をなくした分、行動範囲を広げ人々の流れを潤滑にでき、観光やビジネスの活性化を測れるメリットは大きくなるでしょう。

例えば、公共機関の利便性向上には上記事のように中国のインフラ事情が参考になるでしょう、総合駅のような広い場所をハブ施設として再開発し、商業と交通の中心をまとめることで、人の流れをより意味のあるのもにできるかもしれません。

 

ちなみに、筆者のお膝元名古屋市での例をあげると、金山総合駅が挙げられますが、かつて国鉄と私鉄の駅が離れていて乗り換えがしにくかったことから、総合駅化して商業施設を再整備したことで、本来のハブとして存在する名古屋駅の機能とは別に、地元で生活する住民にとっての利便性は向上しました。

総合駅化して数十年なっていて、実際の効率化にはまだまだ細かく言えば課題は多いのは事実ですが、メリットの方が結果として大きかったことは幸いでした。

 

こうした利便性は、地域によって千差万別ですので、直接の参考になりにくいのですが、結構名古屋市は 地方の一都市ではあるものの、環境対策や都市整備において他地域にない先進性を持っているので、その結果が愛知県全体で見ても結果が見えてきているようです。

この地域は、自動車大手トヨタや国内航空機メーカー、公共機関でもJR東海のメイン市場でもある土地柄だけに、この地域での事象実験をしやすい風土は今後も日本の将来を占う貴重な存在として、注目されていくでしょう。

鈴木さんちの地元愛が、愛知を変える?

 ちょっと前のイベントだったので、リンクは途切れてしまいましたが、あのスタジオ・ジブリのプロデューサー鈴木敏夫氏の故郷が東海地方だったことを、筆者は初めて知りました。

 

www.asahi.com

ジブリ鈴木P、地元名古屋で展覧会 - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w

 

今更錦をかざるのでもないでしょうが、なんとなくひっそりと地元名古屋で開催されたイベントですが、これも愛知県によるジブリパーク構想の一環で実現したものでしょうか。

鈴木氏は積極的に地元が東海地方であることを明かさなかったようですが、どの有名人でも年齢を重ねてくると、故郷の現状は気になるもので、氏もある意味気になっていたのかもしれませんね。

 

東海地方では、外資のイベントや娯楽施設がなかなかヒットしないような、ある意味保守的な気質があるのは気になっていますが、国産でありヒット請け合い人ともいえるジブリのコンテンツは、地元でも爆発的なヒット確定のような期待感があるのは否定しません。

ある時期行きたくない地方ナンバーワンの自虐生さえ見せた東海地方で、ジブリコンテンツの経済効果はどこまで私たちのその自虐性を変えてくれるでしょうか?

 

この地方は、なんでも受ければ良いという楽観性は持っていないように感じますし、それはそれでポリシーとしてとても大事なものなのは理解できますが、実際に結果が出ない以上新しい試みも芽吹かないし、参入も進まないでしょう。

 

「それでも、ええがや」

 

と内心うそぶいていることもできますが、地方観光として名古屋城木造化事業で、文化庁の許可が来年春に繰越され頓挫している今、そんなやせ我慢が続けられるほどの地方は裕福ではないのですから、新しい人々が流れ込む今の時代に、そうした人も含めてより良い選択とアイデアを、積極的に取り入れる意識も今後期待したいですね。